スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋の風景

すっかり朝晩だけでなく、日中もすごしやすい季節になって来ましたね。
吹く風が心地よい!
コスモス

コスモス
All rights reserved.
スポンサーサイト

London 2012

先日から始まったロンドンオリンピック。昔ほど一喜一憂はしないが、それでも自国の選手の成績は気になるものだ。
僕は小さい頃からのオリンピックフリークで、夏・冬問わず、テレビにかじりついていた。

最近は競技数も増え、昔強かった競技が面影も無く弱くなっていたり、逆に今まで注目もされていなかった競技でメダル争いをしたりと、中々おもしろい面も多い。
プロ化やアマチュアリズムの形骸化が叫ばれて久しいが、それでも鍛え抜かれた選手達によって争われる4年に1度の祭典は、見るものに感動を与えてくれる。
ほんの一瞬のために4年間全人生をかけて来た者だけが味わえる、最高の瞬間だと思う。
そのお溢れに、我々もほんの少しだけ浴することが出来る時でもある。

さてさて今回のオリンピックはどんなドラマを用意してくれているのだろうか?
今後が楽しみだ。
とりあえず今夜のなでしこガンバレ!

London County Hall & London eye

London County Hall & London eye
All rights reserved.

時計

僕はこの歳になるまで時計にまったく興味がなかった。



男性の場合女性と違い、身に着けるものといったら時計ぐらいしかないのだけど(最近は色々ジャラジャラと着けるようになったが)、そこに価値を見出すことはまったくなかった。



僕ら世代の場合、多くは高校入学と同時に腕時計をプレゼントされたのだけど、うちの親は何故だかそれをしなかった。僕も「時計買ってよ」くらいの一言は言ったかもしれないが、たぶん「今買わなくていい」の一言で片付けられ、僕も別にどうでもいいやと思っていたのだと思う。



僕が高校へ入学した頃はクオーツデジタル全盛期で、友人はみなカッコイイ(僕にはそうは見えなかったが)腕時計を見せあいこしていた。

高校入学後いつ頃だったかは忘れたが、地元のスーパーの前に出店が出ていて、そこで当時1,000円か2,000円くらいの時計を売っていた。

クオーツではなく手巻きのアナログ式で、ケース径も小さい時計だった。



もちろんそんなところで売られている時計だからメーカーも(そもそもメーカーなんて呼べないだろう)訳のわからないものだったのだが、何より安かったのと、「SWISS」という表示が入っていたので買って使っていた。

手巻きだから毎日巻かなければならなかったし友人からは秒針の音がうるさいと言われたが、僕は結構気に入っていて、必要な時に使っていた。

「SWISS」は眉唾物だったが、今とは違い中国製が幅を利かせていた時代ではないから、ニセ「SWISS」でも日本製くらいではなかったのかと思う。



大学に入った時に親戚のおじさんがセイコーのアナログとデジタルの併用式のダイバーウォッチを買ってくれて、しばらくはそれを使っていた。社会人になってもしばらく使っていたのだが、でかくて重いので例の「SWISS」製を引っ張り出しては使っていた。



最初の就職先では営業として入ったため時計は使っていたが、転職して企画職になったとたんに時計をするのをやめてしまった。

最初の頃は左腕を気にしていたが、なくなると逆に時間配分がうまくやり繰り出来るようになった。

たぶん体感的にこれをするにはこれくらい掛かるとか、移動時間はこれくらいだとかが把握出来るようになったのだと思う。

それに日常生活では時計のあるポイントを覚えてしまい、時間の確認にもまったく不便を感じなかった。

よく「○○さん時計持ってないの」と聞かれたけど、「腹時計です」と言うのが決まり文句になっていた。



その後スウォッチやタイメックス等のトイ時計を短期間はめた事はあるが、携帯電話が登場してからはほとんどそれを使うようになった。

なので、いまだに腕時計はしていない。

シャツの袖口やズボンのポケット口は傷むし、重いし、海外へ行くときなど何かと狙われそうだしと、デメリットに感じることの方が多いのだ。



今年の始め頃、あるクイズ番組で時計にまつわる歴史秘話を特集していて、それは時計の物語と言うより歴史上の人物に絡む時計の話なのだが、そのことがきっかけでちょっと時計に関して調べる気になった。

それまでまったく興味がなかったから、時計と言えば日本の2大メーカーとロレックスとオメガくらいしか知らなかったのだけど(それも名前だけ)、色々とググッていくと何やら興味深い魅力が感じられてきた。


そうこうしている内に、またテレビで特集番組が放送され、それは「神の手」を持つと言われる時計修理の職人の番組だったのだけど、それを見て益々時計に興味がそそられるようになった。日本一古いと言われる時計屋さんを経営しているその修理職人は、なんと我が市にいらっしゃり、メーカーが手をあげた物も見事に蘇らせると言う。その評判を聞きつけ、国内はもとより、遠く海外からも依頼が舞い込んでくると言う。

まさか我が町にそんな巧みがいようとは思わなかった。


そんなこんなでカメラと同じで、最新式のタイプにはまったく興味は湧かないのだけど、アンティークの時計にはかなりそそられるようになって来た。

それでもやはりゴツゴツした仰々しいタイプは苦手で、シンプルで控えめなタイプが美しいと思う。

しかしこの世界も闇が深そうで、嵌るととんでもないことになりそうだ(苦笑)。



ライカと同じで誕生年の時計とか物語があっていいなぁ~、と思っていたりするのだが、これがどうして、とんでもなく高い値段が付いていたりするから驚くばかりだ。



僕が小学校4年の時に死んだ祖父の形見として、懐中時計をもらった。

それは祖父が生前から僕がもらうと約束していたもので、子供が見てもその辺の腕時計なんかより百倍カッコよかったのだ。

僕が普通の時計に興味を示さなかったのは、その時のインパクトが強すぎたのかもしれない。

それは一流メーカーとは言えないが、当時の舶来品で、今見てもやはり気品がある。

しかしもらってこの方一度もメンテに出していないものだから、ねじも切れてしまっている。

今度是非その修理名人の所へ、この時計を持って訪ねて行ってみたいと思っている。

ウォルサム

形見の懐中時計
All rights reserved.

End of the season

チャンピオンズリーグも終わり、ヨーロッパのFootballシーズンも終わった。

今シーズンの我がチームは、久々のタイトルを獲ったものの、開幕前はかなり期待が高かった反動もあり、がっかりな内容のシーズンだった。
開幕前の高い期待は言うまでもなく、前シーズン途中からKing Kennyが見事にチームを立て直し、その彼のもとでフルシーズン戦う事への期待感だ。
しかしそれはものの見事に裏切られてしまった。

けが人の続出や、ゲーム中の不運など確かに多かったが、Kennyは2つの重大なミスを犯してしまった。

まず決定的にまずかったのが、選手起用のミス。
昨シーズンチームを引き継いで見事に立て直した訳だが、その時の立役者は誰だったのか?
カイトでありマキシでありメイレレスであったはずだ。
メイレレスにしても昨シーズン加入し、シーズン当初はあまりフィットしていなかったが、やっとチームに馴染んで来て、昨シーズンのRedsのベストプレイヤーに選出された選手だ。
マキシも移籍して来てようやく完全にフィットして来ていて、ハットトリックを連発するなど、好調を維持していた。
カイトはトーレスが移籍し、ゴールへ向かう姿勢が増して来て、昨シーズン後半はゴールを決めていた。
アクイラーニもプレシーズンの動きはよく、ようやくチームに馴染み始めたと思わせていた。

それなのにマンCに次ぐ移籍金をつぎ込んで、彼らと被るポジションの選手ばかり高額で獲得。
そして公正な競争原理もさして働かないまま、彼らをバッサリと切り捨ててしまったのはいかがなものか?

確かに移籍して来た選手達に1年で結果を求めるのは酷だろうが、今回の場合はそれは当てはまらない。
何故ならせっかくある程度の時間をかけて戦力になって来た選手を切って、あせって(もしくは強引に)新しいチーム作りをすすめて行ったのは、誰であろうKenny本人だからだ。
移籍して来てすぐ結果を出す選手はやはり特別な選手だろう。普通はじっくりと時間をかけて育てるのが当たり前だ。
そのじっくり時間をかけて育てた果実をみすみす放棄してしまったのだから、Kennyに時間がなかったなどという擁護論は当てはまらない。彼は自らそのセオリーを放棄したに過ぎない。
既存選手と新戦力をうまく融合させながら、新戦力を育てて行くべきだったのだ。

公正な競争原理が働いた上での選手起用であればみんな納得するだろうが、試合に出る度に結果を残したマキシはついに表舞台では起用される事はなく、確かに今シーズンのカイトの調子も良くなかったが、それ以上に悪いダウニングがいつも先発ではカイトも腐るよ。メイレレスを売った金とヘンダーソンを買った金の落差は何なのか?
プレシーズンの頃からメイレレスはアダムの控えに回っていたし。何故昨シーズンのベストプレイヤーがいきなりそうなるのか?

けが人の問題もあるだろうが、それはどのチームも同じ事。取り立てて我がチームだけが不運に見舞われていた訳ではない。
アーセナルなど主力を一気に引き抜かれ、チーム作りもままならない状態で最悪なスタートを切っていたし、スパーズも開幕前はゴタゴタが続きマンチェスターの2チームにコテンパンにやられるというこちらも希望の見えないスタートだったが、終わってみれば3位と4位。マンUだってけが人の多さは我がチームにひけをとらないぐらいいた。
そんな中でベンゲルやファギーがとったのは、ベテランを呼び戻すと言う策。スコールズなんて引退していたのに呼び戻してしまった訳だから、チーム事情がいかに切迫していたか想像がつく。
それに比べて最後までベテランを疎んじたKenny。それを単なる結果論と言うなかれ。
確かに一種の賭けではあるが、結果がものを言う世界で、結果が得られないのはその策を遂行する監督の責任だ。

今シーズンリーグ戦に比べ、カップ戦はましな方だったが、そのカップ戦がいわば構想外の選手達を中心に戦って来たと言うのは、いささか皮肉めいている。

それともう一つのミス。
それはスアレス問題。

問題が発覚して以降、クラブはスアレスを擁護して来たが、ある日を境に一転して臭いものに蓋をしようとしてきた。
それでもKennyはスアレスを擁護して来ていたが、例の握手問題。
あの時も試合の直後はスアレス擁護とも取れる発言をしていたが、一転謝罪にまわってしまった。

あの場面、YouTube上でも出回っていたが、確かにスアレスもためらいがあったのは事実だが、エブラは完全にスアレスが握手しにくい環境を故意に作り出していた。
手はひき気味に引っ込めていたし、自分からはまったく握手しに行っていなかった。
スアレスが躊躇した瞬間を見計らって「オイこら、ちょっと待て」とやった訳だ。
要はまんまと嵌められたと言う事。

これ以上事を荒立てたくない連中からのプレシャーが色々あったのだろうが、スアレス一人を悪者にしてしまった後味の悪さはどうしても否めない。
それは選手間でも相当溜まっていたのではないか?
事が収束したかに見えた頃。GJがまた物議を醸し出す発言をしていた事にもそれは見て取れる。

デリケートな問題だけに、事を荒立てたくないと言う気持ちは分かるが、FAとファギーにいいようにやられた感は拭えない。
せめて彼は選手の側について欲しかった。
なんだか最後までチームに一体感が見られなかったのは僕だけか?
マキシやカイトのみならず、スアレスやシュクルテル周辺にも不穏な動きが見えるのだが・・・。

と、まあ色々書いたが、King KennyはKing Kennyであり、このクラブの唯一無二の存在である事には変わりがないし、僕にとっても永遠のアイドルである事には変わりがない。
今回は残念な結果に終わったが、このクラブの栄光の歴史を作り上げて来た功績は、微塵も揺らぐものではない。
今後もクラブに貢献してくれるであろうし、永遠にレジェンドであり続ける。

Thank you Kenny,YNWA!

ところで新監督、誰になるのでしょうね?
チーム作りのこともあるので、早く決めて欲しいね。
俺的にはモウリーニョがアロンソ連れてくるってのがベストなんだけど、ないよね(苦笑)・・・。

SPION KOP

Liverpool FC Museum
©All rights reserved.



鹿児島旅行

もう1月ほど前の話になるが、4月の第1週の土日で鹿児島へ行ってきた。

高校のとき行って以来だから、ほとんど初めて行くのと一緒くらいの感覚だ。
新幹線1本で行けるのだから、随分と楽になったものだ。

鹿児島に着いて駅のすぐそばのとんかつ屋さんでとんかつを食べたのだが、これがおいしかった。
結構人気店らしいのだが、お店の人の感じがすごく良く、それだけでも人気があるのだなと思わせる感じだった。

それからレンタカーを借りて霧島方面へ。
桜情報とか見ながら回ったのだが、どこも本数はあまり多くなく、イマイチっていう感じだ。霧島神宮や坂本竜馬が回ったと言う滝などを見て旅館に向かった。

今回は鹿児島と言うよりは、この旅館に泊まりたかったのだが、温泉は部屋から遠く、寒い日とか雨の日はしんどいだろうなーと言う感じだった。川べりにある露天風呂は雰囲気と言い泉質と言いよかったが、なんせほんとに川べりなので、周りから丸見えです(笑)。

料理はおいしく頂いたのですが、お部屋係の人が「ここの温泉は飲めるんですよ」と言っていたので、食後に入った温泉で飲んだのだが、脱衣所にある注意書きには「飲泉禁止」とでかでかと書いてます。どうも飲泉用のお湯は、部屋から温泉場へ行く途中にあるチョロチョロとお湯が出ているところみたいで、そんなことろくに説明もないので分かる分けなく、おかげで翌日はお腹が下って発熱する羽目になってしまった。
普通飲泉出来るのならコップが置いてあるのだが、それがなかったので何か変だなーと思ってはいたのですが・・・。

翌日はどこへ行こうかと思案していたのだが、前日見たテレビで、枕崎で戦艦大和の慰霊祭をやっていたとのニュースをやっていたので、行ってみることにした。

途中桜がたくさん咲いている公園があったのだけど、駐車場がいっぱいで車を止めることが出来なかったので断念。
でもこの辺はさすがに満開と言うより散り始めていて、葉っぱもちらほら見えかけていた。

枕崎の岬の小高い丘の上に慰霊碑があり、丘の上に登る道の脇には石燈が建っている。
その石燈に亡くなった方のお名前と年齢が刻まれているのだが、母親はそれを見ながら「若いのにかわいそうに」と呟いている。
当時の自分と同い年くらいの方々ばかり。

慰霊碑の碑文を見て目頭を押さえていたりしたのだが、色々と胸に去来するものがあるのだろうと思う。

目の前に広がる東シナ海はどこまでも穏やかで、あ~平和だなとしみじみ実感できる。
60数年前出来事など嘘か幻のような感じだが、こういう一般の人たちのことを忘れたりぞんざいにしてはいけないなと思う。

枕崎ではかつおラーメンを食べたりしたのだが、例の件ですっかり腹の調子が悪く熱も出てきて体調不良だったので、まったく食欲もなく、ほんとはかつおを始めとする海鮮料理を食べたかったのだが、それも出来ず早々に帰宅の途についた。

犬飼滝

犬飼滝
高さ36m、幅22mの豪快に水が流れ落ちる様が壮観な滝。かつて、和気清麻呂がこの滝で遊び、幕末の風雲児坂本龍馬も新婚旅行で、この滝を眺めたと言う。
©All rights reserved.


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。