スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

End of the season

チャンピオンズリーグも終わり、ヨーロッパのFootballシーズンも終わった。

今シーズンの我がチームは、久々のタイトルを獲ったものの、開幕前はかなり期待が高かった反動もあり、がっかりな内容のシーズンだった。
開幕前の高い期待は言うまでもなく、前シーズン途中からKing Kennyが見事にチームを立て直し、その彼のもとでフルシーズン戦う事への期待感だ。
しかしそれはものの見事に裏切られてしまった。

けが人の続出や、ゲーム中の不運など確かに多かったが、Kennyは2つの重大なミスを犯してしまった。

まず決定的にまずかったのが、選手起用のミス。
昨シーズンチームを引き継いで見事に立て直した訳だが、その時の立役者は誰だったのか?
カイトでありマキシでありメイレレスであったはずだ。
メイレレスにしても昨シーズン加入し、シーズン当初はあまりフィットしていなかったが、やっとチームに馴染んで来て、昨シーズンのRedsのベストプレイヤーに選出された選手だ。
マキシも移籍して来てようやく完全にフィットして来ていて、ハットトリックを連発するなど、好調を維持していた。
カイトはトーレスが移籍し、ゴールへ向かう姿勢が増して来て、昨シーズン後半はゴールを決めていた。
アクイラーニもプレシーズンの動きはよく、ようやくチームに馴染み始めたと思わせていた。

それなのにマンCに次ぐ移籍金をつぎ込んで、彼らと被るポジションの選手ばかり高額で獲得。
そして公正な競争原理もさして働かないまま、彼らをバッサリと切り捨ててしまったのはいかがなものか?

確かに移籍して来た選手達に1年で結果を求めるのは酷だろうが、今回の場合はそれは当てはまらない。
何故ならせっかくある程度の時間をかけて戦力になって来た選手を切って、あせって(もしくは強引に)新しいチーム作りをすすめて行ったのは、誰であろうKenny本人だからだ。
移籍して来てすぐ結果を出す選手はやはり特別な選手だろう。普通はじっくりと時間をかけて育てるのが当たり前だ。
そのじっくり時間をかけて育てた果実をみすみす放棄してしまったのだから、Kennyに時間がなかったなどという擁護論は当てはまらない。彼は自らそのセオリーを放棄したに過ぎない。
既存選手と新戦力をうまく融合させながら、新戦力を育てて行くべきだったのだ。

公正な競争原理が働いた上での選手起用であればみんな納得するだろうが、試合に出る度に結果を残したマキシはついに表舞台では起用される事はなく、確かに今シーズンのカイトの調子も良くなかったが、それ以上に悪いダウニングがいつも先発ではカイトも腐るよ。メイレレスを売った金とヘンダーソンを買った金の落差は何なのか?
プレシーズンの頃からメイレレスはアダムの控えに回っていたし。何故昨シーズンのベストプレイヤーがいきなりそうなるのか?

けが人の問題もあるだろうが、それはどのチームも同じ事。取り立てて我がチームだけが不運に見舞われていた訳ではない。
アーセナルなど主力を一気に引き抜かれ、チーム作りもままならない状態で最悪なスタートを切っていたし、スパーズも開幕前はゴタゴタが続きマンチェスターの2チームにコテンパンにやられるというこちらも希望の見えないスタートだったが、終わってみれば3位と4位。マンUだってけが人の多さは我がチームにひけをとらないぐらいいた。
そんな中でベンゲルやファギーがとったのは、ベテランを呼び戻すと言う策。スコールズなんて引退していたのに呼び戻してしまった訳だから、チーム事情がいかに切迫していたか想像がつく。
それに比べて最後までベテランを疎んじたKenny。それを単なる結果論と言うなかれ。
確かに一種の賭けではあるが、結果がものを言う世界で、結果が得られないのはその策を遂行する監督の責任だ。

今シーズンリーグ戦に比べ、カップ戦はましな方だったが、そのカップ戦がいわば構想外の選手達を中心に戦って来たと言うのは、いささか皮肉めいている。

それともう一つのミス。
それはスアレス問題。

問題が発覚して以降、クラブはスアレスを擁護して来たが、ある日を境に一転して臭いものに蓋をしようとしてきた。
それでもKennyはスアレスを擁護して来ていたが、例の握手問題。
あの時も試合の直後はスアレス擁護とも取れる発言をしていたが、一転謝罪にまわってしまった。

あの場面、YouTube上でも出回っていたが、確かにスアレスもためらいがあったのは事実だが、エブラは完全にスアレスが握手しにくい環境を故意に作り出していた。
手はひき気味に引っ込めていたし、自分からはまったく握手しに行っていなかった。
スアレスが躊躇した瞬間を見計らって「オイこら、ちょっと待て」とやった訳だ。
要はまんまと嵌められたと言う事。

これ以上事を荒立てたくない連中からのプレシャーが色々あったのだろうが、スアレス一人を悪者にしてしまった後味の悪さはどうしても否めない。
それは選手間でも相当溜まっていたのではないか?
事が収束したかに見えた頃。GJがまた物議を醸し出す発言をしていた事にもそれは見て取れる。

デリケートな問題だけに、事を荒立てたくないと言う気持ちは分かるが、FAとファギーにいいようにやられた感は拭えない。
せめて彼は選手の側について欲しかった。
なんだか最後までチームに一体感が見られなかったのは僕だけか?
マキシやカイトのみならず、スアレスやシュクルテル周辺にも不穏な動きが見えるのだが・・・。

と、まあ色々書いたが、King KennyはKing Kennyであり、このクラブの唯一無二の存在である事には変わりがないし、僕にとっても永遠のアイドルである事には変わりがない。
今回は残念な結果に終わったが、このクラブの栄光の歴史を作り上げて来た功績は、微塵も揺らぐものではない。
今後もクラブに貢献してくれるであろうし、永遠にレジェンドであり続ける。

Thank you Kenny,YNWA!

ところで新監督、誰になるのでしょうね?
チーム作りのこともあるので、早く決めて欲しいね。
俺的にはモウリーニョがアロンソ連れてくるってのがベストなんだけど、ないよね(苦笑)・・・。

SPION KOP

Liverpool FC Museum
©All rights reserved.



スポンサーサイト

Torres leaves Liverpool

今回のトーレスの件、色々意見もあろうが、やはり僕は気分がよろしくない。

いくら移籍マーケットが開いていたとは言え、チームのエースストライカーが自ら志願してライバルチームに移籍するか?
色々理由はあるだろうが、今シーズンのRedsの低迷の一因は彼の低迷にも由るところも大きいのだ。
それを途中で投げ出して行くと言うのは、どう考えてもよろしくない。
出て行くのなら、夏に出て行くべきだったのだ。

優勝争いしたいとか、タイトルが欲しいなんてのは、言い訳にもならない。
そんなものは皆思っていることだ。それを目指して皆戦っている。
ファンに愛されていたし、自身もリヴァプールを愛していたようだったが、やはり最後はわがままが勝ったわけだ。シーズン途中に優勝出来そうなチームに移籍するなんて、金で優勝を買いにいくような物!
そんなことして優勝してうれしいのか?

これまでの彼の功績には感謝するし、リヴァプールでの素晴らしいプレーは少しも色褪せることはないが、僕は今後彼は応援しないだろう。
やはり出て行き方が悪すぎる。

我々もエースストライカーを失ってしまったが、その煽りをくって同じくエースストライカーを失ったアヤックスとニューキャッスルのファンもやりきれないだろう。特にキャロルを分捕られたニューキャッスルは。
でも彼らの立場が決定的に違うのは、トーレスの場合彼の意思が積極的に働いたと言う事と、こう言う言い方は失礼だが、アヤックスやニューキャッスルは、選手を育成しそれを売って商売をしていると言うこと。今回の件は彼らにとっては、あくまでもビジネスの一環だ。

しかし今回の件で改めて思ったのは、フットボールはもはや巨大ビジネスで、魑魅魍魎の思惑がドロドロと蠢いているということ。
キャロルのようについ数ヶ月前に契約更新した選手が、移籍してしまうなんて、契約なんて選手を引き留めるというよりは、高く売るための手段でしかなく、代理人やオーナーの欲望だけがまかり通っているとしか思えない。
そこにはファンの思いなんて一切考慮されていない。

しかし今回の件は「ビジネス」と言うことで言えば、Redsは成功したんじゃないだろうか。
もっともこれからの2人の活躍にかかってくるわけだが、僕は前向きに考えている。
スアレスは早速得点を挙げたし、キャロルは今伸び盛りだ。
トーレスには早さと高さと勝負強さがあったが、スアレスにはスピードとテクニックがあり、キャロルには高さと勝負強さがある。どう頑張ってもトーレスは一人だが、我々は優秀な選手を二人獲得できたわけだ!

トーレスのこれまでの貢献には感謝したいし、彼は彼の道を行けばいい。
しかし彼に対して”You’ll Never Walk Alone”とエールは贈れない。
”You’ll Never Walk Alone”は我々のアンセムだ。Liverpoolを愛する選手にのみ許される特別な歌だ。我々に背を向けた人間に注がれることはない。
Thanks Torres. Good luck!

でも日曜の試合だけは、絶対に負けねーぞ!!

stand of Anfieldroad

Anfieldroad
ここでの歓迎は、もはやないだろう。
©All rights reserved.

トラブルその後

先述のトラブルですが、その後いろいろと展開があった。

届かなかったサインシャツですが、1週間前にやっと届いた。
しかし1回目と同じくらい税金が課税されていた。
おかしいと思って調べてみると、1回目のインボイスにも3点分の品目と金額が記載されており、2回目のインボイスにも全く同じ物が記載されていた。
要するに二重で課税されていたわけだ。
LFC側が、別送するのに横着してインボイスを分けていないから、そのような事態になった。

今回の件で、通関代行を行っていた国際宅配会社Dに問い合わせていたのだが、その対応も首を傾げる物だった。

まず最初に届いた荷物に対して、1点欠品していた事を伝えると、自分たちは代行手続きをしているだけだから、基本的には発送人とお客様の問題だからと、超消極的な対応。
しかも国際ネットワークを謳いながら、英国と日本では別法人なので詳しくは調べようがないと言うような対応。結局自分でやってくれってな感じだった。

そこで今回2重課税の件で問い合わせると、それは発送人がミスしたわけだから、うちは関係ないという対応。
損金は発送人に請求してくれというないようだった。

LFCに請求したって、彼らが税金を支払っているわけではないので、そんな要求に応じるはずもないのは明らかだ。
代行したのはD社で、徴収したのは税関なのだから、D社から税関に対して還付請求をするのがどう考えても筋だ。
しかしそれは出来ないの一点張り。そもそも税関が中々応じないと言う。

納得いかないので、1回目と2回目の請求額の違いをついてみた。約800円の差額が発生していたのだ。
いわく、為替レートの違いでとのたまったので、1ポンド10円もレートが変動しないのに、そんな事はあり得ないと言うと、重さによっても違うと言う。ところが、重量が軽い方が高いのだ。

あまりのチャランポランな対応に頭に来て、それぞれの日のレートと、重量に対する課税金額の詳細を教えろと要求すると、しどろもどろになり後日調べてお知らせすると言った始末。
要は口からでまかせの、その場しのぎの対応しかしていなかったわけだ。

数日後今度は別の担当者から電話があり、通関方法の違いでこういう差額が出たとの連絡が入った。
最初の物は荷物を開けてチェックして通関し、2回目のものは先方出荷時からすでに証明された形でなされていて云々と、よく分からぬがそんな説明だった。

しかし、そんなのはどーでもいいから、とにかく二重払い分を返してくれと請求すると、税関は応じない、発送人に請求すべし、と言う発言を繰り返すばかり。
僕は事前に税関に問い合わせていて、それはD社が還付請求をすべし、と言う回答を得ていたのでその事を言うと、
二重払いしたと言う事を証明するのが難しいと言う始末。
それぞれのインボイスの発送日と荷物NO.は違うが、英国のVATナンバーは一緒なので、同一商品である事は容易に証明できるので、それをもとにやれと言うと、それではだめですねぇ~と、何ともやる気のない対応。
要は面倒な対応をいちいちやっていられないと言う態度なのだ。
この辺りで怒りも頂点に達してきた。

最初に着いた荷物は、開封して中を確認して通関したから値段が高くなっているという理由だったので、そこのところをついてやった。
インボイスには3点明記されていて、3点分の値段が表記されていたのに、中には2点しか入ってなかったのだ。
「あなた2点の品物しか入っていなかった物に、3点分の課税したわけ?それってぼったくられたって事?」
「詳しく事情を説明しろ!」と言うと、もうしどろもどろになって、いきなりコロッと態度を変えて来た。

「分かりました、2回目分を返金致しますので、口座番号をお知らせ下さい」
なんのこっちゃ?さんざん手間取らせやがって。最初っからそうすればいいのよ!

とにかくこいつら、いい加減な仕事をやって、不利益はすべて利用者に押し付けようと言う魂胆が見え見え。
名の知れたワールドワイドな会社だからといって、全く信頼はおけませんね。

対応悪すぎ!

これで一件落着かと思いきや、まだまだ続いています、このトラブル。
いったいいつまで続くのやら・・・。
ホトホト疲れます。


トラブル

じつはLiverpool F.C.とトラブルになっている。

何だか不穏な響きだが、結構ややこしいことになっている。

10月の中旬頃、オンラインストアで20%のディスカウントセールをやっていて、尚且つ会員はさらに10%オフという特典があった。
これはお得だと、早速数点注文した。ところが会員の更新を忘れていたので、注文と同時に会員の手続きもしたのだ。

しかし待てど暮らせど品物は一向に届かない。
おかしいなと思い注文履歴を調べてみると「Returned」の表示が・・・。
受け取ってもないものが、なぜ返品扱いになっているのか???
訳が分からないので、カスタマーサービスにメールで問い合わせたところ、会員手続きをキャンセルしているので、発送できないとの回答があった。

確かにクレジットカードの履歴を見ると、会費分が返金扱いになっていた。
しかしトータルで支払っている金額は、商品代と会費分で、要するにLFC側が会費をダブルカウントしていて、ダブルカウント分を返金していたに過ぎないのだ。

LFC側にそのことを説明しても、まったく埒か開かない。
我々はあなたの指示で会費の返還をしているの一点張り。
商品を送って欲しければ、早急に会費を支払うようにとの返答を繰り返すばかり。
あなたの指示って、注文のキャンセルなんてシステム上出来るようになってんの??

これはだめだと思い、クレジットカード会社に問題解決を依頼したが、これが全くの役立たずで、余計に頭にくるばかり、と言った状況になった。
(クレジット会社の件については別エントリーで)

とにかくカード会社に金の流れを証明させる書類を作成させ、それをPDFにしてLFCに送りつけ、返事を待つことにした。しかし10日ほどたってもなしのつぶて。
頭に来て後1週間で何も返事がなければ、支払停止の手続きを取る旨メールしたところ、
8日目にやっと発送したとの連絡が来た。しかも超事務的な自動発信メール。

待つこと1週間、やっと商品が手元に届いたと思いきや、開けてみると1点商品が足りない!!
実はこの機会にと思い、ローマの決勝時のメンバーのサインが入ったシャツを注文したのだが、それが入ってない!

またクレームを出すと、フレームに入っていて壊れやすいので、別便で送っていると思う、との事。もう既に送っているのかいないのか?いつ頃着くのか?の回答は一切なし。
今回送ってきた物の発送リストにはシャツも含まれていて、当然ながら課税されて税金まで支払っているのだ。

今回の件、どう見ても僕に過失は一切ないし、全面的にLFCの手続き上のミスだと思うのだが、この一連のやり取りの間、謝罪の言葉は一切なし。
いくらなんでも酷すぎるなぁ~と思っている。

果たして商品は届くのか???
相手がこういう態度なので、我が愛するクラブとは言え、こちらも支払い停止をチラつかせつつ、強行に対応していかなければならない。

尚かつ、ウエブ上ではいまだに僕の会員登録がされていない状況。
会員手続きが確認できたから、商品を送って来たのではないのか??
う~ん、訳が分からない事ばかり・・・。

何度もやるやり取りにも、ホトホト疲れている。
早くすっきりと解決しないかな…。

マージー川 少女

マージーサイドの少女
僕の顔もしかめっ面になっています!
©All rights reserved.

Xabi Alonso

彼のインタビューを読んで、思わずジーンと来てしまった。

Por eso, seguramente, no duda: "Anfield es el templo. Puede parecer exagerado, pero para mí es el campo más maravilloso del mundo", asegura.

「大げさに聞こえるかもしれないが、アンフィールドは大聖堂だ。それは誇張でもなんでもなく、僕にとってアンフィールドは世界で最も素晴らしいスタジアムだ。心からそう思う」

シャビ、ほんとうに泣かせてくれるぜ!
彼は心からリヴァプールというクラブを愛していたし、リヴァプールの街を愛していたんだなという事が分かる。

頼むからこの1月にシャビを連れ戻してくれ!
本田もいらない、他の誰もいらない、こんなにクラブとファンを愛している選手を差し置いて、他の誰が必要だと言うのか?

彼の復帰を最プライオリティにすべきだ!
Come back Xabi !

詳しいインタビューは「こちらのページ」に。ただしすべてスペイン語ですが・・・。

'templo' Anfield

'templo' Anfield
©All rights reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。