スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WATERSCAPES ♯20

清家冨夫氏の写真集「WATERSCAPES」を初めて見たときの感動は今でも覚えている。
その圧倒的美しさに、何度も何度も見返した。
究極まで追求されている美意識の高さは本当に素晴らしい。

自分で感じた美しさを写真で表現する場合、僕にとっての教科書となりうるのは氏の写真しかないのではないかと思えてきた。
それは自分でプリントするようになって、なおさら強く思えるようになった。
もちろん写真技術も、写真に対するスタンスも、氏には遠く及ばないのは分かっているが、とりあえず真似からなら始める事が出来る。

その教科書を手に入れることが出来た。
やはりため息が出るほど素晴らしい!
幸運にも作品に関するエピソードを伺う事が出来た。
そのエピソードが、僕が作品を最初に拝見した時の第一印象とリンクする部分があり思わずドキッとしたのだが、
僕もそんな自分の思いが伝わるような写真が撮りたいと思った。

僕の一生の宝物。
WATERSCAPES ♯20
専用の封筒に入れられて送られてきた。

WATERSCAPES
とても美しいプリント。
©All rights reserved.
スポンサーサイト

釧路

去年の夏、北海道を旅行した時釧路へ行ってきた。
釧路湿原は一度行ってみたいと思っていたのだが、何よりも釧路の街に寄ってみたかった。
商船の機関長をしていた父親は、よく釧路の港に寄港していて、この港町の名前は子供の頃よく耳にしていた。

夕食は炉辺焼きを食べに行った。古くからある炉辺焼き屋で、現役時代の父親もきっと寄っていたのではないかと思う。

一杯飲んで表に出て、飲み屋街を歩いてみた。
酒好きの父親も、職場の同僚とこの辺りを飲み歩いたんだろうなと思った。
結局二人で飲みに出歩くという事を一回もしなかったから、ほんの一瞬それが可能になった瞬間だったかもしれない。
僕の年の頃の父親と一瞬シンクロした瞬間だった。

前回の北海道旅行は、そんな面影を街中に求めた旅でもあった。
釧路 炉端
釧路 炉端焼き
©All rights reserved.

東京

3ヶ月半ぶりくらいに上京してきた。
今回の上京も、先のヨーロッパ旅行と同様、予定を詰め込みすぎた慌しい滞在となったが、中身の濃い滞在だった。
そう歳々来られる訳ではないので、ついつい欲張ってしまうのだ。反省。

羽田に到着後日本橋高島屋に靴のメンテを持って行き、渋谷のル・デコにてnoyanさん、穂夏さんたちが開催されている写真展「ライカつれてこ」を見に行った。
10名の合同展なのだけど、色んな個性が会場に溢れていて、こう言う写真展好きだな~。
会場ではelmaxさん、川通り餅さん、Shigeさんたちとも再会し、少しの間だけれどお話をさせていただく事が出来た。
僕は次の予定があったので銀座に移動、ライカ修理の名人田鹿さんの所へ寄り、メンテをお願いしていたルックス75mmを受け取った。実はここで写真家の清家さんと待ち合わせをしており、2人で近くのカフェに移動。今回も色々と貴重なお話を伺う事ができた。
今回の上京のメインテーマはこの件だったのだが、この件はまた後日。

Shigeさんとは目黒で再びお会いする約束をしていたので、夕方目黒のブリッツ・ギャラリーへ行き、そこで「Two in One in England」-1975年ロンドンの出会い- ハービー・山口 ヨーガン・シャドバーク写真展を拝見した。ハービーさんの若きイギリス時代の写真とヨーガン氏のグラスゴーの写真。
2つの個性が見事にマッチしていた。
会場ではハービーさんともお話させていただき、展示以外のプリントも見せていただいた。
それから近くにあるギャラリーコスモスへ行き、ジャンルー・シーフ「オリジナルプリント」展を見た。シーフの作品は初めて見たのだが、非常にいい作品だった。
昔の展覧会の図録が販売されていたので買って帰った。
Shigeさんとはそこで別れ、川通り餅さんと五反田で食事をし、その後僕は恵比寿のFootnikへ移動。
Liverpool vs EvertonのMerseyside ダービーを観戦した。
前回見たダービーは負けていたので、今回は是非とも勝って欲しかった。
しかし前半で一人退場者を出す苦しい展開。それでもカイトのゴールで1-0の勝利!
いや~、いい気分だった!
久しぶりにサポーターズクラブのメンバーの方とも会えた。

翌日は朝から都写美で開催されているブレッソン&木村伊兵衛と、同時開催されている若手写真家が旅をテーマに撮っている写真展を見た。
ブレッソン・・・は展示自体とりたてて目新しい展示があるわけではなく、何度も見た作品のオンパレードだったが、それぞれのコンタクトシートが展示されており、そちらが興味深かった。

午後からは親戚宅により、夕方の飛行機で帰宅した。

ご覧のように慌しい滞在だったので、皆様には何かとご迷惑をお掛けした事と思う。
でも皆様のお陰で、本当に充実した滞在だった。
感謝である。

しかし2日とも風が強く、メチャクチャ寒かったな~!
Albert Beerサーバー
The Albert
©All rights reserved.

帰国

この日も朝は快晴だった。前日よりもさらに抜ける青さで、朝から帰国の途に着かなくてはならないのが、もったいないくらいだった。

今回はマンチェスター空港までバスで行こうと思い、コーチステーションが何処か尋ねたところ、どうもクイーンズスクエアのバスターミナルとは異なるところから出ているらしい。
聞いて行ったのだが見つけることが出来ず、結局ライムストリートまで戻り鉄道で行く事にした。スーツケースを引っ張りながら歩き回って、朝からどっと疲れてしまった。
リヴァプール滞在は2泊3日だったけど、到着が夜中で出発が朝だから、実質1日のみの滞在と変わらなかった。
でもこの街は無理してでも来て良かった。また来ます。

時刻表を見ると空港までの直通便と言う事だったが、列車に乗り検察に来た乗務員がマンチェスターの駅でバスに乗り換えるようにと言っていた。
まあ、これは今までも良くある事なのでとりたてて慌てる事もない。
天気は相変わらず凄くいいのだが、気温はかなり低く寒い。
マンチェスター市内は所々雪が積もっており、日陰の路面は凍結しているところもある。

空港に着きチェックインを済ませたが、いつまで経っても搭乗案内が出ない。
なんでも出発が遅れるとのことだった。おいおい・・・。
ロビーのテレビでマンU対リーズのFA CUPをやっていて、仕方がないので暇つぶしに見ていたら、結局全部見てしまった。

1時間以上遅れてやっと出発し、ヒースローに着いた。
今までの旅程でまったく買い物をしていなかったので、ここで各方面のお土産を買っておかなければならない。いつもならここで結構待ち時間があるので、ラウンジに入ってのんびりして、ゆっくり買い物をしてもまだ十分余裕があるのだが、今回はあまり時間がない。
とりあえずラウンジに入り昼ごはんをかき込み、急いで免税店を見てまわった。

僕自身は最近ほとんど何も買うことはないのだが、僕以外の人に買うのに四苦八苦しなければならない。結局今回も自分のために買ったのはネクタイ2本だけ。
これはサラリーマンの僕にとっては必需品の一つ。この時期はセールで半額になっている上、免税でさらに安くなっているから、日本で買うのとは比べ物にならないくらい安く買える。

そんなこんなで搭乗時間になり、機上の人となった。
しかし搭乗した後かなり滑走路上で待たされ、結局遅れて出発する羽目になった。
行きのルフトハンザに比べANAの方が快適に過ごせる。
食事の質もいいのだが、何故か食事の回数が1回だけになっていた。
以前は離陸直後と着陸前の2回あったと思うのだが・・・。
ルフトハンザは2回あったしなぁ。
こういうと事にも経費削減が影響してるのかな?

出発が遅れた影響で到着も遅れ、国内便への乗り継ぎもギリギリになってしまった。
何だか息つくヒマもない感じ。
しかも最悪な事に、目的空港が視界不良のため、着陸できなかった場合は伊丹空港へ着陸しますとの事。それを聞いて、思わず鼻血が出そうになった。
僕は以前その経験をしていて、伊丹空港で降ろされて新幹線に乗り継いで帰宅した事がある。その時は成田に昼過ぎに着く便だったのでまだ帰宅できたが、今回もし引き返して伊丹で降ろされたら、大阪に1泊しなくてはならない。翌日から仕事なので、それだけは避けたいところだった。

朝から交通機関にまったくツイてなかったが、最後だけはラッキーだったようで、飛行機は無事到着してくれた。
本当に最後まで慌しい旅だった。
ツアーのような日程を組んでしまったおかげで、いく分味気ない旅となってしまった事は否めない。でも久しぶりにイギリス以外の国の空気に触れられたのは良かった。
フランスはずっとモンサンミッシェルに泊まって、あの近辺の田舎町をプラプラしても良かったなという感じだ。
今度行く時はこの教訓を活かそう。

ヨーロッパは今年ひどい寒波で、12月の半ばにはユーロスターも止まっていたり、僕が帰国した直後も大雪が降り、フットボールもしばらく中止になったりと、なにかと悪天候に悩まされていたようだが、僕が滞在した間は、お天気が悪いなりにも何とか快適に過ごせ、結局一度も傘をさす事もなかった。
その点だけはほんとにラッキーだった。
Paris モンパルナス
Paris Montparnasse
パリに着いて初めて撮った写真。
©All rights reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。