スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊主頭

今年もやりました、坊主頭。
すっかり頭も軽くなり、洗髪もラクラク。
夏はやはりこれに限る。

さていよいよこれからイングランドVSドイツ!
どちらが勝つか?
楽しみです。
モンサンミッシェル 鳥
a bird モンサンミッシェル
© All rights reserved.
スポンサーサイト

HONDA

今週は仕事も含め、いろいろな事で忙しい1週間だった。

しかし日本代表はよかった!
W杯が始まる前は全く期待していなかったが、いざふたを開けてみると「あれよあれよ」と言う感じである。
岡田監督は色々言われたし、僕も批判的だったが勝てば官軍!
こういう世界は結果がすべてだから、簡単明瞭でハッキリしている。
勝利に勝る答えはない。
その答えをしっかり出したという事。
これからも頑張って欲しい。
あまり期待しすぎると落胆も大きいから(笑)、あまり期待せずにしっかり応援します。

ところで本田はいい選手だ。
よくその強烈な個性から、中田ヒデと比較されるが、中田とは「質」の面で全く異なる選手だと思う。
今後の日本の浮沈は彼にかかっていると言っても過言ではないが、その彼の身辺にいろんな移籍話が出てきている。
その中の一つに我がRedsの名前が出てきていた。オランダからロシアに行く時も一時期噂に出ていた。
中央でジェラードと組み合わせれば面白いと思うし、彼が来れば日本でのリヴァプールの知名度・人気も一気にあがるだろう。
しかし彼の最終目標はレアル・マドリーでの「10番」を公言しているらしく、Reds移籍をそのためのステップアップと考えるならば、はっきり言っていらない。
リヴァプールに来る選手は、リヴァプールに敬意と忠誠心を持った選手でなければならない。
リヴァプール以上に歴史と伝統、素晴らしいファンを持ったチームはこの世に存在しないのですよ。
腰掛け、踏み台でならこちらから願い下げ。
来るのなら、一生Redsに捧げる気持ちで来て欲しい。

この先どう転ぶか分からない話だが、興味を持って見守って行きたいと思う。
その前に監督とオーナー決めなきゃな(苦笑)。
albert#2
The Albert
© All rights reserved.

森伊蔵

プレミアム焼酎として名高い「森伊蔵」の抽選販売に当選した。
もっとも僕は焼酎マニアでもなく、どちらかと言えば日本酒が好きな方だし、焼酎でも普段家やお店では麦やそばを飲んでいる口で、巷で人気の芋焼酎はあまり飲む方ではない。
それでも何度か美味い芋焼酎を飲んだことがあり、機会があれば飲みたいな~と思っていた程度なのだが、なんせこの「森伊蔵」一般にはお店で売ってないし、プレミアム価格で売っている値段はバカ高で、そこまでして飲みたいとは思っていなかった。
そんな時何の気なしに覗いたメーカーのHPで、抽選販売を行っている事を知り、ダメ元で申し込んでみたところ、運よく当選となったわけだ!
店頭ではプレミアム価格で3万円近くする焼酎が、送料込みで3,500円くらいだからお得である。
早速本日振り込み手続きを行ってきた。
商品は来月半ば発送とのことらしい。どんな味がするのか楽しみに待っておこう!
色々調べてみると、この抽選も中々当選しないらしい。
1回で当たるなんて、今年は運がいいのかな?
この調子で、宝くじも大当たりしてくれればいいんだけど・・・。

さてさて日本は前半を終わって1-0のリード!
勝点3なるか!
モンサンミッシェル 木立
モンサンミッシェルの前に広がる草原。
© All rights reserved.

World Cup開幕

昨日いよいよワールドカップが開幕しました。
開催国である南アフリカが大会第1号ゴールをあげたのは、大会をより一層盛り上げるのではないでしょうか。
ひと頃の大会では、開幕戦というのはドローが定番だったですから、まあいい結果ではなかったのでしょうか。
今日深夜にはイングランド戦もあるし、しばらくは楽しい日々が続きそうです。
日本戦も月曜日にあるけど、あんまり期待できないかな~(笑)。
現実と乖離した目標を掲げ、いまだに先発メンバーも固定できないような状況では世界で戦えないですね・・・。
まるで特攻隊状態ですね。
もう少しまともな監督で臨んで欲しかったな。
まあ、期待してない分番狂わせでもあれば喜びもひとしおなわけで・・・(苦笑)。
世界のいいプレーを楽しみたいと思います。
矢田寺 犬
記事とは全く関係ないですが、矢田寺にいた犬。
とてもおとなしくしていました。

©All rights reserved.

奈良日帰り旅行

日曜に日帰りで奈良に行ってきた。
飛鳥資料館でキトラ古墳の四神特別公開と、唐招提寺で鑑真和上像の特別公開をやっていたので見に行ってきたのだ。
キトラ古墳は午前中訪れたのだが、2年前十二支を見たときのような混雑ぶりではなく、15分程度で会場内に入る事ができた。青龍はほとんど原型を留めていなかったが、その他のものは線もわりときれいに残っており、間近で見ることが出来た。
僕が出る頃には、列もかなり伸びていたから、その後は混雑したのかもしれない。

鑑真和上像は1年のうちで6月5日~7日(6日が鑑真和上の命日)の3日間だけしか公開されておらず、僕も前回拝観したのは大学生の頃だから、かれこれ30年近く前のことだ。
こちらも結構な人出で、東山魁夷画の障壁画と共に見ることが出来るのだが、昔はもっとはっきりと見れた気がするのは、気のせいだろうか?
その表情といい佇まいといい、「スゴイ」と強烈に思った記憶がある。
今回は照明も暗く、奥まったところに安置されていたので、あまりはっきりと見られなかった。

その後紫陽花で有名な矢田寺というところへ行った。
ここは約200段もの石段を登っていくプチ山寺で、たくさんの紫陽花が咲いているお寺だ。
残念ながら昨日はまだ、全体からすると4分咲きくらいという状況だったが、静かで雰囲気のいいところだった。紫陽花が咲き乱れると、雨の日とかとてもいい雰囲気になるのではないだろうか。

ライカ仲間ののんさんが、市内のカフェでイベントをされているという事だったので、都合がついたら是非寄ってみようと思っていたのだが、残念ながら時間切れとなってしまった。
またの機会にぜひ!
矢田寺の紫陽花
矢田寺の紫陽花
©All rights reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。