スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初運転

朝起きると母親が「1回も目覚める事なく、ぐっすり寝れた」と言っていた。
これでうまい具合に時差ボケが解消してくれたと思っていた。
食事後チェックアウトの手続きをし、母親をホテルのロビーに待たせてハーツへレンタカーを取りに行った。

初めて行く所なので、人に聞きながら行ったのだが、実は秘密兵器を持っていたのだ。
「ガーミン」というアメリカ製のナビで、歩行者モードもあり、正確に案内してくれる。

今回初めてレンタカーを借りたわけだが、使用にあたってはそれなりの不安はあった。
しかしイギリスに生活の拠点を置かれている写真家の方に相談した所、イギリスは交通マナーもよく、道路もきっちりと整備され分かりやすく、なにより車窓からの眺めは最高で、ぜひ勧めるとのお言葉をいただいた事により決断した。
それでもさすがにスムーズな運転というと不安があったのだが、そんな時に見つけたのがこの「ガーミン」。
唯一海外で日本語案内が使用できるナビなのだ!
この「ガーミン」の件はまた別エントリーで。

15~20分くらい歩いてハーツに到着。
予約票を見せたら、お兄ちゃんが何だかペラペラ言っている。これがひどいスカウスで、さっぱり理解できないのだ。まるでキャラやスティービーのインタビューを聞いているみたい(笑)。
思わず「なに喋ってるか分からんよ!」と言ってしまった。
よくよく聞いてみると、オートマチック車はなくて、ミッションタイプしか用意していないとの事。
オートマは今ロンドンのガトウィック空港に行っていて、明日なら帰って来るみたいな事を言っている。
ヨーロッパはミッションが主流で、オートマ車の数が極端に少ないので早めに予約した方がいいとの情報をネット各所で入手していたので、3ヶ月以上前から予約を入れていたのだ。
「それは困る、予約はオートマでしている」と抗議するが、向こうも「分かっているが、今はミッションしか用意できない」と言い、まったく埒が開かない。
この先車での移動でしか予定を立てていなかったし、今更公共交通機関の切符を手配し直すのも大変なので、渋々ミッションでOKした。
元々ミッション車は乗っていたが、かれこれ20年以上ミッション車には乗った事がない。
しかしこうなっては仕方ない。「まあ何とかなるやろ」の精神である。

ぎこちなく出発したが、半クラッチがうまくいかない。
どうしてもクラッチをつなぐ感覚がつかめない。
こうなったら運転する事のみに必死で、もう大変である。

ホテルに着いて、母親と荷物をピックアップして、とりあえず再びアンフィールドへ向かった。
アルバートへ行ってPhotobackを渡そうと思っていたのと、新しいホームとアウエーのジャージ(ユニフォーム)を買おうと思っていたのだ。
しかし運転しづらい。ローでのクラッチをつなぐのに苦労し、半クラ状態で引っ張るものだから、クラッチが焼けて煙を噴いてきた。周りの車もこちらを見ている。クラッチか焼けるいや~な匂いが、車の中に立ちこめてきた。
母親が「あんた臭いよ!なんか焼けるような匂いがする」と言っている。

そう言えばこの匂い、思い出してきた。
教習所で最初の頃よくやらかしていた。
その時の教官の先生の言葉も一緒に思い出してきた。
「大丈夫、そんなに半クラッチにしなくても、いったん繋がったら少々じゃクラッチ切れないから」
その言葉を信じ、繋がると早め早めにクラッチを切るようにした。
そんなこんなで、何とかスムーズに動き出し、やっとの思いでアンフィールドに到着した。

まずアルバートへ行くが、やはりシャッターが閉まっている。
おかしいな~???と思い、とりあえずクラブショップへ行きジャージを買う。
今回は色々悩んだが、新ユニホームという事で、ホーム用はジェラード、アウエー用は期待を込めてコールにした。
当初ネットで売り出された時に買おうかと思ったのだが(おまけが色々付いてお得!)、送料が馬鹿にならないのと、直接買えば微々たる額ではあるがVATの還付が得られるので、渡英まで待っていたのだ。

その後再びアルバートへ行ってみたが、やはり閉まっている。
前に止まっていたタクシーの運ちゃんに聞いてみたら、「夏場は試合の日しかやってないよ!」と教えてくれた。
あ~、がっかりである。せっかく重たい思いをしてPhotobackを持ってきたのに・・・。
そしてなによりみんなに会えなかった事が残念でならない。

その後車に乗っていよいよ湖水地方へ移動。
当初はメルウッドに行こうかと思っていたのだが(ショップでは練習のライブ映像も流れていた)、車の運転がおぼつかないので、とりあえず早めに湖水地方へ入るのを優先させた。

アンフィールドから出発して暫くし、道を間違えてしまった。
しばらく走って高速に入る予定が、道を間違えたおかげでリヴァプールの郊外の町に入ってしまい(僕も全く行った事のない所)、その後ずっと一般道を通る事となった。
道はさっぱり分からないので、すべてナビ任せ。
結局高速に入ったのはほんの一瞬だった。

アドヴァイスを受けた写真家の方は、高速より「A」がつく道、「A」よりも「B」がつく道を走る方が、英国らしい素晴らしい景色に出会えるとおっしゃっていたが、まさにその通りで、途中はちょっとした町並みを含め、なだらかで牧歌的なイギリスの景色に出会えた。
普通に運転する分には問題なくなれてきたが、ちょっとした渋滞や、坂で止まったときなど少しモタモタしながら、3時頃湖水地方のホテルに到着した。

12時頃アンフィールドを出たので、予定では2時間くらいの予定だったのだが、一般道をモタモタ走った事もあり、予定より時間をオーバーしてしまった。

card game at The Albert

Playing card at The Albert

ちなみに件のPhotobackは、「こちらのページ」にアクセスし、検索欄にleicaと入れれば出てきますので、興味がある方はご覧下さい。
今までblogで掲載してきた物も多いですが、未発表の物も数枚あります。
© All rights reserved.


スポンサーサイト

Ferry Cross The Mersey

朝食を食べにレストランに行くと、ちょっとばかりシステムが変わっていた。
以前はコーヒーか紅茶かを選び、トーストと一緒に運んできてくれていたが、すべてがセルフとなっていた。
飲み物のコーナーに行くと、紅茶は当然ティーパックで何種類か用意されていたが、その中に日本茶もあった。(トワイニング製)日本人、多いのだろうか?

この日は朝から予定がビッシリで、朝食後すぐにアルバートドックに向けて歩いて行った。
ナショナルトラストが主催する、ジョンとポールの家の見学を申し込んでいたのだ。
外観は一般のツアー(マジカルミステリーツアー等)でも訪れるので、僕も何度か行ったことはあるのだが、内部見学となるとこのナショナルトラストのツアーしかなく、しかも期間が限られているのだ。冬の間はやっておらず、今まで中々見る機会がなかったので、今回は必ず見たいと思っていた。1日4回、しかも1回20名と人数 も限られるため、人気のツアーらしい。そこであらかじめネットで申し込みをしていたのだ。

10時にアルバートドックのホテルをミニバスで出発。
日本人が多いかなと思っていたのだが(マジカルミステリーツアーなど結構多い)、以外にも我々だけで、後はアメリカ人、フランス人、地元イギリスの人たち。

まずはジョン・レノンの家へ向かった。
以外に小さくて一部屋あたりの面積も狭い。
でもここでジョンが育ち、ビートルズの何曲かが生まれたのかと思うと、やはり特別な思いが駆け巡る。
続いてポールの家へ。ここの案内人がポールに激似で、兄弟か親戚かと思ったぐらいだ。
(新潮社から出ているリリー・フランキーの本にも出てます)
ここで僕はポール役にさせられ(全然似てないのにね!)、「この写真のようにこうして寄りかかっていたんだ」と言うと、僕に同じポーズをとるよう催促されたりした。
レノン-マッカートニーのルーツに触れることが出来るこのツアーは、ビートルズファンにはたまらないのではないかと思う。

ただし、室内での写真撮影は一切禁止!荷物も入室時に預けなければなりません。

その後フェリー乗り場に行き、マージー川を遊覧するフェリーに乗った。
これも一度乗りたいと思っていながら、今まで乗ったことがなかったのだ。
ここも人気のようで、ほぼ満員状態。
相変わらずマージー川の水の色は汚いが、甲板で風に吹かれながら見るマージーサイドも中々いい。アルバートドックがすっかり整備され、岸壁の眺めもキレイだ。

その後Anfieldに移動し、スタジアムツアーに参加した。
今回はフットボールを見ることが出来なかったので、せめてスタジアムツアーだけでも行こうと思ったのだ。それに僕がいつもどんなところに来ているかを、母親に見せておきたいとも思ったのだ。

バス停を降りてまずアルバートに向かった。実は出発前にアルバートでの写真を一冊のPhotobackにまとめたものを作っていて、それをみんなに配ろうと、15冊ほど持ってきていたのだ。しかし残念ながら、シャッターが閉まっていた。日曜日だからもしかしたらと思っていたのだが、やはり閉まっていた。残念だ。また翌日来るこ とにし、スタジアムツアーに向かった。ツアーの内容そのものは、今年の年始に来たときとほぼ同じだったが、今回オプションとして、チャンピオンズリーグの優勝カップのレプリカを持って写真撮影できるというのを申し込んでいたので、優勝カップと一緒にパチリ!

これで2回連続Anfieldに来ながら試合を見てないので、試合を見たいと言う欲求が益々沸いてくる。試合の日程に合わせて休むことが出来ないので、いかんともしがたいが、次こそは必ずここで試合を見たいものだ。

それから一旦ホテルに帰り、夕食を食べに出た。
母親がピザがいいと言ったので、キャラガーの店へ行くことにした。
ここも僕は初めて。
母親はスープとピザを、僕はスカウスを食べた。
食後にマシューストリートのあたりをブラブラし、ホテルに帰って寝た。
ホントはパブに入って一杯やりたかったのだが、母親がいるとそうもいかず取りやめた。
この日は一日よい天気だった。

Kid on the Mersey Ferry

Mersey Ferry
© All rights reserved.

リヴァプールへ

今回は久しぶりの夏のヨーロッパだったのだけど、これまた久しぶりに関空からの便で行った。
最初はKLMの成田経由でダイレクトにリヴァプールへ入るつもりだったのだが、ちょっともたもたしている間に、料金が跳ね上がってしまった。
そこでネットで探していると、フィンランド航空に安い航空券があったので、早々にゲットした。成田便もあったのだが、トータルでみると関空からの方が安かったので、久々に関空を利用することにしたのだ。

当日は朝4時に起きて支度をし、新幹線とはるかを乗り継いで関空に向かった。
新大阪からはるかに乗ったのだけど、いつまでたってもノロノロ運転で一向にスピードが上がらない。そのうち放送があって、環状線で線路内に人が侵入した影響で、列車が遅れているとのこと。オイオイ。
お陰で25分くらい遅れて着いて、あわててチェックインする羽目になってしまった。
フィンランド航空は中々サービスもよく快適で、まずまずだった。

ヘルシンキで乗り換えてマンチェスターに入ったのだが、これがショボイ機体で、かなり窮屈だった。
マンチェスターからはいつも通り電車で行った。珍しくダイレクト・インの電車だったので、途中で乗り換えることなくスムーズにリヴァプールに入ることが出来た。

母親は、マンチェスターに着いた頃にはさすがにぐったり来ていたのだが、車窓から見る初めてのヨーロッパの風景を、身を乗り出すようにして見ていた。
Lime Streetに着いてまず最初に駅のM&Sで水を買い、それから最近はいつも利用しているホリデーインに向かった。

荷物を持っての移動は極力避けたいから、今回は駅前を選んでホテルを押さえていた。
駅の外に出ると、年始に来たときにはまだ行っていた工事はすっかり終わり、駅前が見違えるようにきれいになっていた。

部屋に荷物を置いて一休みし、夕食を食べに出た。
土曜の夜とあって、街中がにぎやかで華やいでいる。
一種大晦日の夜のような雰囲気だが、日が高く夏の縁日といった雰囲気か(笑)。
とにかく人が多い。
いつも行くカーサ・イタリアへ行き、パスタを食べる。
食事を終えて外に出ると、一段と人が増えた雰囲気だ。
僕一人だとしばらく街をうろつきたい気分だけど、母親は疲れていそうだったので、ホテルに帰ることにした。
そうやって初日が暮れていった。

limestreet

Limestreet
© All rights reserved.

事の始まり

今年の正月明け、旅行会社からのパンフレットを何気なく見ていた時の事、母親にこの夏ヨーロッパに行ってみるかと聞いた所、「いいよ!」と返事があった。
いつもなら「行かない」という返事しかなかったのだけど、珍しく二つ返事でOKした。

どこへ行きたいかと聞けば、どこでもいいと言う。
最初は旅行会社のツアーしか頭になかったので、どうせなら僕が行った所がない場所がいいなと思っていた。
そこで候補は色々あげてみた。
本人は昔からスイスに行ってみたいと言っていたので、スイスは第一候補に入れたのだが、なんせ高齢で高山に行くのはやはりリスクが多いと考えた。ツアーで行ってトラブルがあると何かと面倒だ。
スペインも考えたのだが、かなりの高温になる事が予想され、これも良くないなと思った。
その他火山噴火したアイスランド(もちろん噴火前)やトルコ、スロベニア、クロアチア、北欧など何カ所か候補に入れたが、色々な要素があり消去して行った。

そんな中でまず発想の転換をしたのがツアー旅行。
母親を連れて行くにはツアーしかないだろうと思っていたのだが、本人の負担、相手への気遣いや負担を考え、個人旅行に切り替えた。
そしてそれならと考えたのがイギリス旅行。
イギリスと言えど僕も行ってない所はたくさんあるし、なにより旅なれていると言うのが心強い。

一番最初に入る都市はリヴァプールに決めた。
着いてすぐホテルを探すのに時間を費やしたり、食事をする所を探したりする必要もない。
僕が右も左もよく分かるというのは、母親も心強いはずだ。
イギリスに行くのならこの街は外せないし、リヴァプールと言えど見ていない所は色々ある。

それから北上して湖水地方へ行くことにした。スイスとはまた違うが、ここも自然の美しさを十分堪能できる事が出来るのではないかと思ったし、なにより僕も以前から行ってみたかった所だ。
そして卯年生まれの母親は、ウサギものが大好きなのだ。ピーターラビットの舞台のこの地は最適だ。

そして最後はロンドンから帰国の途に着く事にした。
絵はがき的な観光になるかも知れないが、やはり初めてのヨーロッパでこの街は外せないと思った。

こういう風にして決定し、2月には早々と航空券を押さえてしまった。

マージー河

Merseyside
© All rights reserved.

Liverpool-Lake Dstrict-London

先週の7日土曜日からLiverpool-Lake District-Londonと旅をしてきました。
夏のイギリスは12年ぶりです。

しかも今回は母親を連れての旅で、レンタカーで回るという初めて尽くしの旅でした。

日本の蒸し暑い夏を離れて、涼しいイギリスは心地よく、湖水地方の景色は素晴らしくきれいで、今までの旅とは全く異なる旅をすることが出来ました。

色々とトラブルもあり、すんなりとは行かなかったのですが、またボチボチこのblogにてアップして行きたいと思います。
Lake District Hill Top

Lake District Hill Top
© All rights reserved.

8.6

今日は65回目の原爆の日。
今年は国連事務総長やアメリカ大使の参列により、何かと注目された式典となりましたが、年に一回恒例行事のように思い出すのではなく、みんなが平和について考える、そんなきっかけになってくれる1日であることを望みます。

被爆者も高齢化が進み、年々式典への参列者も少なくなっています。
これからは我々2世の世代が、いかにこのことを伝えていくかが課題となると思います。

【お知らせです】
8月10日(火)~15日(日)まで広島のgallery Gで近重幸哉氏の写真展が開催されます。毎年8月6日に帰省されて平和公園の撮影を続けられています。
おススメの写真展です。
ぜひご覧いただきたいと思います。
初日はご本人が在廊予定とのことです。

『祈り・願い 子から子へ 2010』
~8月6日の広島平和記念公園~
8/10(火)~15(日)
11:00~19:00(最終日16:00まで)
gallery G
4-1 kami-hachoubori,nakaku,hiroshima-city
(アーバンビューグランドタワー公開空地内)
Tel:082-211-3260
近重さん写真展
© All rights reserved.

Liverpool have re-signed Fabio Aurelio

今朝Liverpoolのホームページを見て、口があんぐりと開いてしまった。
左サイドバックの獲得が最優先事項と言っていたホジソンだが、まさかこの手があったとは!
なんと言うか、ビックリです!

アウレリオの魅力はなんと言ってもフリーキック!
あのフリーキックは相手にとっては、とても厄介なものになる。
そのクオリティは相当なものだ。

その魅力があったとは言え、今シーズンすんなりと契約更新といかなかったのは、ケガの多さによるものだろう。
なんせ浜辺で子供と遊んでいる時にやっちゃうくらいだから、ガラスの足と言ってもいいのではないか。
最初の契約更新でもめたのも、その辺のリスクから、お互いの条件が噛み合なかったのだろう。
彼ほどのクオリティを持ちながら、他球団への移籍がすんなりと決まらなかったのもそのためではないか。年齢的な事もあるし・・・。

まあせっかく縁あって再契約となったわけだから、しっかりとケアして頑張って欲しいですね!
しかしそんな事情から、もう一人、いやもう二人は左サイドバックは必要だ。
そう言えば、ボルシアとのフレンドリーマッチの帯同メンバーにインスーアが入っていたが、こちらもウルトラCで残留となるのか???背番号もなくなっちゃたのに、帯同ってなんででしょうね?

クラウチが帰るとか、シセが帰るとか色んな噂が飛んでいましたが、まさかアウレリオが帰ってくるとは驚きでした。
あ~、アロンソが帰って来ないかな~・・・。

Rod & his friend
Rod & his friend
© All rights reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。