スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブルその後

先述のトラブルですが、その後いろいろと展開があった。

届かなかったサインシャツですが、1週間前にやっと届いた。
しかし1回目と同じくらい税金が課税されていた。
おかしいと思って調べてみると、1回目のインボイスにも3点分の品目と金額が記載されており、2回目のインボイスにも全く同じ物が記載されていた。
要するに二重で課税されていたわけだ。
LFC側が、別送するのに横着してインボイスを分けていないから、そのような事態になった。

今回の件で、通関代行を行っていた国際宅配会社Dに問い合わせていたのだが、その対応も首を傾げる物だった。

まず最初に届いた荷物に対して、1点欠品していた事を伝えると、自分たちは代行手続きをしているだけだから、基本的には発送人とお客様の問題だからと、超消極的な対応。
しかも国際ネットワークを謳いながら、英国と日本では別法人なので詳しくは調べようがないと言うような対応。結局自分でやってくれってな感じだった。

そこで今回2重課税の件で問い合わせると、それは発送人がミスしたわけだから、うちは関係ないという対応。
損金は発送人に請求してくれというないようだった。

LFCに請求したって、彼らが税金を支払っているわけではないので、そんな要求に応じるはずもないのは明らかだ。
代行したのはD社で、徴収したのは税関なのだから、D社から税関に対して還付請求をするのがどう考えても筋だ。
しかしそれは出来ないの一点張り。そもそも税関が中々応じないと言う。

納得いかないので、1回目と2回目の請求額の違いをついてみた。約800円の差額が発生していたのだ。
いわく、為替レートの違いでとのたまったので、1ポンド10円もレートが変動しないのに、そんな事はあり得ないと言うと、重さによっても違うと言う。ところが、重量が軽い方が高いのだ。

あまりのチャランポランな対応に頭に来て、それぞれの日のレートと、重量に対する課税金額の詳細を教えろと要求すると、しどろもどろになり後日調べてお知らせすると言った始末。
要は口からでまかせの、その場しのぎの対応しかしていなかったわけだ。

数日後今度は別の担当者から電話があり、通関方法の違いでこういう差額が出たとの連絡が入った。
最初の物は荷物を開けてチェックして通関し、2回目のものは先方出荷時からすでに証明された形でなされていて云々と、よく分からぬがそんな説明だった。

しかし、そんなのはどーでもいいから、とにかく二重払い分を返してくれと請求すると、税関は応じない、発送人に請求すべし、と言う発言を繰り返すばかり。
僕は事前に税関に問い合わせていて、それはD社が還付請求をすべし、と言う回答を得ていたのでその事を言うと、
二重払いしたと言う事を証明するのが難しいと言う始末。
それぞれのインボイスの発送日と荷物NO.は違うが、英国のVATナンバーは一緒なので、同一商品である事は容易に証明できるので、それをもとにやれと言うと、それではだめですねぇ~と、何ともやる気のない対応。
要は面倒な対応をいちいちやっていられないと言う態度なのだ。
この辺りで怒りも頂点に達してきた。

最初に着いた荷物は、開封して中を確認して通関したから値段が高くなっているという理由だったので、そこのところをついてやった。
インボイスには3点明記されていて、3点分の値段が表記されていたのに、中には2点しか入ってなかったのだ。
「あなた2点の品物しか入っていなかった物に、3点分の課税したわけ?それってぼったくられたって事?」
「詳しく事情を説明しろ!」と言うと、もうしどろもどろになって、いきなりコロッと態度を変えて来た。

「分かりました、2回目分を返金致しますので、口座番号をお知らせ下さい」
なんのこっちゃ?さんざん手間取らせやがって。最初っからそうすればいいのよ!

とにかくこいつら、いい加減な仕事をやって、不利益はすべて利用者に押し付けようと言う魂胆が見え見え。
名の知れたワールドワイドな会社だからといって、全く信頼はおけませんね。

対応悪すぎ!

これで一件落着かと思いきや、まだまだ続いています、このトラブル。
いったいいつまで続くのやら・・・。
ホトホト疲れます。


スポンサーサイト

トラブル

じつはLiverpool F.C.とトラブルになっている。

何だか不穏な響きだが、結構ややこしいことになっている。

10月の中旬頃、オンラインストアで20%のディスカウントセールをやっていて、尚且つ会員はさらに10%オフという特典があった。
これはお得だと、早速数点注文した。ところが会員の更新を忘れていたので、注文と同時に会員の手続きもしたのだ。

しかし待てど暮らせど品物は一向に届かない。
おかしいなと思い注文履歴を調べてみると「Returned」の表示が・・・。
受け取ってもないものが、なぜ返品扱いになっているのか???
訳が分からないので、カスタマーサービスにメールで問い合わせたところ、会員手続きをキャンセルしているので、発送できないとの回答があった。

確かにクレジットカードの履歴を見ると、会費分が返金扱いになっていた。
しかしトータルで支払っている金額は、商品代と会費分で、要するにLFC側が会費をダブルカウントしていて、ダブルカウント分を返金していたに過ぎないのだ。

LFC側にそのことを説明しても、まったく埒か開かない。
我々はあなたの指示で会費の返還をしているの一点張り。
商品を送って欲しければ、早急に会費を支払うようにとの返答を繰り返すばかり。
あなたの指示って、注文のキャンセルなんてシステム上出来るようになってんの??

これはだめだと思い、クレジットカード会社に問題解決を依頼したが、これが全くの役立たずで、余計に頭にくるばかり、と言った状況になった。
(クレジット会社の件については別エントリーで)

とにかくカード会社に金の流れを証明させる書類を作成させ、それをPDFにしてLFCに送りつけ、返事を待つことにした。しかし10日ほどたってもなしのつぶて。
頭に来て後1週間で何も返事がなければ、支払停止の手続きを取る旨メールしたところ、
8日目にやっと発送したとの連絡が来た。しかも超事務的な自動発信メール。

待つこと1週間、やっと商品が手元に届いたと思いきや、開けてみると1点商品が足りない!!
実はこの機会にと思い、ローマの決勝時のメンバーのサインが入ったシャツを注文したのだが、それが入ってない!

またクレームを出すと、フレームに入っていて壊れやすいので、別便で送っていると思う、との事。もう既に送っているのかいないのか?いつ頃着くのか?の回答は一切なし。
今回送ってきた物の発送リストにはシャツも含まれていて、当然ながら課税されて税金まで支払っているのだ。

今回の件、どう見ても僕に過失は一切ないし、全面的にLFCの手続き上のミスだと思うのだが、この一連のやり取りの間、謝罪の言葉は一切なし。
いくらなんでも酷すぎるなぁ~と思っている。

果たして商品は届くのか???
相手がこういう態度なので、我が愛するクラブとは言え、こちらも支払い停止をチラつかせつつ、強行に対応していかなければならない。

尚かつ、ウエブ上ではいまだに僕の会員登録がされていない状況。
会員手続きが確認できたから、商品を送って来たのではないのか??
う~ん、訳が分からない事ばかり・・・。

何度もやるやり取りにも、ホトホト疲れている。
早くすっきりと解決しないかな…。

マージー川 少女

マージーサイドの少女
僕の顔もしかめっ面になっています!
©All rights reserved.

12月9日

毎年書いていることだが、僕の中ではジョンレノンが射殺された日は12月9日だ。
30年前の日本時間12月8日には、彼は確実に生きていたのだ。

そんな細かいことはどうでもいいが、毎年12月8日と9日の2日間は、不可抗力で耳に入ってくる場合は別として、自分の意思を持って聴く音楽は、ジョンレノンとビートルズの音楽しか聴かない。
これが30年間続けてきた僕流の供養のしかただ。

30年経った今でも、あの日のことは強烈に覚えているし、彼への思いは微塵も変わらない。
彼は僕の中で生き続けている。彼の影響なしに僕の人生は考えられないし、今の僕は存在しない。その事実が僕に明確にそのことを思わせている。
死して30年、未だに僕の中で大きな存在となっている。彼の偉大さは永遠に変わらない。

生きていれば現在の世の中で、ジョンがどのような存在感を示しているか見てみたい気は当然あるが、それが叶わぬ願いだと言うことも分かっている。その代わり、彼の音楽が未だに彼の生き様を示してくれているように思う。

今生きていてもジョンレノンはジョンレノンだ。

John Lennon Forever!

Lennon's house

ジョン・レノンの家 Liverpool
(まがってしまってご免なさい)
©All rights reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。