スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月も終わり

明日で2月も終わる。
いつも思うが、諺にあるように1月、2月、3月が過ぎるのは早いなぁ。

最近はTwitterで呟く事の方が多く、このblogもすっかり放置状態となってしまっている。
コメント欄も閉じているし、こんなんじゃ覗いてくれる方もいなくなるな。
まあ、必要以上に訳の分からない人に見られるのも嫌なので、それはそれでいいのだけど・・・。

予報に反して、今日は午前中はいい天気だったので部屋の掃除をした。
今の時間は予報通り、どんよりと曇って来た。明日は雨か?

何だか脈絡のない事をツラツラと書いていますが、先週は高熱が出て1日会社を休んだので、昨日も出社して仕事を片付けた。
それでもまた片付けきれていないので、週明けからがちょっと憂鬱。
すべて火曜日までにカタをつけなくてはならない。

そう言えば最近やたらとフランスに行きたいなぁと思っている。
別にまだ何も決めていないのだけど、ただ時々思い出したようにそう思う。

今夜の試合、Liverpoolは勝ってくれるといいな!

何だか最後まで脈絡のない話のオンパレでゴメンナサイ(苦笑)。

Mont Saint-Michel♯6

Mont Saint-Michel♯6
©All rights reserved.

スポンサーサイト

長崎ー黒川温泉ー熊本

先週の連休を利用し、久しぶりに九州へ旅行してきた。

11日は長崎へ。ちょうどランタンフェスティバルが開催されており、街中は中国情緒あふれる雰囲気。
いくつものオブジェや堤燈があり、とても幻想的できれいだった。
夜は富貴楼というところで卓袱料理を食べた。前回行った花月に行きたかったのだが、生憎婚礼が入っているとの事でだめだった。

翌日は亀山社中に行ったが、すごい人で40分ほど待たされた。まだまだ龍馬ブーム健在と言ったところか。
それから市内のお寺を見て周り、黒川温泉へ向かった。

途中武雄で高速を降り、井手ちゃんぽんでちゃんぽん麺を食べた。
この日は朝から雪が降っていて、日田ICで通行止めになっていた。
ちょうどこのICで降りる予定だったのでラッキーだった。
そこから先も吹雪いていて、黒川温泉辺りは一面の銀世界だった。
レンタカーはスタッドレスを借りていたので、なんとか無事宿に到着。
温泉に入ってのんびりとした。

翌日もあちこちで高速が通行止めという事で、阿蘇を通って熊本市内へ出た。
ここは父親が亡くなる前5ヶ月ほど入院していたところで、6年ぶりくらいに訪れた。
お目当ては天和というところのラーメン。病院のすぐそばにある熊本ラーメンのお店で、めちゃうまなのだ。父親が亡くなって、2回ほど熊本市内を訪れたのだが、その度に閉まっていて食べれなかった。今回11年ぶりと言うことになった。

熊本市内も色々と変わっていて、改めて年月の流れを感じさせられた。

とにもかくにも、色々と楽しめた良い旅だった。

長崎 虎 ランタン

虎のランタン
©All rights reserved.

Torres leaves Liverpool

今回のトーレスの件、色々意見もあろうが、やはり僕は気分がよろしくない。

いくら移籍マーケットが開いていたとは言え、チームのエースストライカーが自ら志願してライバルチームに移籍するか?
色々理由はあるだろうが、今シーズンのRedsの低迷の一因は彼の低迷にも由るところも大きいのだ。
それを途中で投げ出して行くと言うのは、どう考えてもよろしくない。
出て行くのなら、夏に出て行くべきだったのだ。

優勝争いしたいとか、タイトルが欲しいなんてのは、言い訳にもならない。
そんなものは皆思っていることだ。それを目指して皆戦っている。
ファンに愛されていたし、自身もリヴァプールを愛していたようだったが、やはり最後はわがままが勝ったわけだ。シーズン途中に優勝出来そうなチームに移籍するなんて、金で優勝を買いにいくような物!
そんなことして優勝してうれしいのか?

これまでの彼の功績には感謝するし、リヴァプールでの素晴らしいプレーは少しも色褪せることはないが、僕は今後彼は応援しないだろう。
やはり出て行き方が悪すぎる。

我々もエースストライカーを失ってしまったが、その煽りをくって同じくエースストライカーを失ったアヤックスとニューキャッスルのファンもやりきれないだろう。特にキャロルを分捕られたニューキャッスルは。
でも彼らの立場が決定的に違うのは、トーレスの場合彼の意思が積極的に働いたと言う事と、こう言う言い方は失礼だが、アヤックスやニューキャッスルは、選手を育成しそれを売って商売をしていると言うこと。今回の件は彼らにとっては、あくまでもビジネスの一環だ。

しかし今回の件で改めて思ったのは、フットボールはもはや巨大ビジネスで、魑魅魍魎の思惑がドロドロと蠢いているということ。
キャロルのようについ数ヶ月前に契約更新した選手が、移籍してしまうなんて、契約なんて選手を引き留めるというよりは、高く売るための手段でしかなく、代理人やオーナーの欲望だけがまかり通っているとしか思えない。
そこにはファンの思いなんて一切考慮されていない。

しかし今回の件は「ビジネス」と言うことで言えば、Redsは成功したんじゃないだろうか。
もっともこれからの2人の活躍にかかってくるわけだが、僕は前向きに考えている。
スアレスは早速得点を挙げたし、キャロルは今伸び盛りだ。
トーレスには早さと高さと勝負強さがあったが、スアレスにはスピードとテクニックがあり、キャロルには高さと勝負強さがある。どう頑張ってもトーレスは一人だが、我々は優秀な選手を二人獲得できたわけだ!

トーレスのこれまでの貢献には感謝したいし、彼は彼の道を行けばいい。
しかし彼に対して”You’ll Never Walk Alone”とエールは贈れない。
”You’ll Never Walk Alone”は我々のアンセムだ。Liverpoolを愛する選手にのみ許される特別な歌だ。我々に背を向けた人間に注がれることはない。
Thanks Torres. Good luck!

でも日曜の試合だけは、絶対に負けねーぞ!!

stand of Anfieldroad

Anfieldroad
ここでの歓迎は、もはやないだろう。
©All rights reserved.

Mont Saint-Michel♯5

今日でエディション展に出展した作品紹介は終わりです。

次は来月「Peace Pieces」Vol.3に2点出展します。
また詳細お知らせ致しますので、ぜひご来場下さい。

Mont Saint-Michel♯5

トーレスどうなるのかな?
明日朝目覚めたら、色々決まっているだろうな~。
さてさてどんな結果が待っているか???

おやすみなさい。
©All rights reserved.



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。