スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島旅行

もう1月ほど前の話になるが、4月の第1週の土日で鹿児島へ行ってきた。

高校のとき行って以来だから、ほとんど初めて行くのと一緒くらいの感覚だ。
新幹線1本で行けるのだから、随分と楽になったものだ。

鹿児島に着いて駅のすぐそばのとんかつ屋さんでとんかつを食べたのだが、これがおいしかった。
結構人気店らしいのだが、お店の人の感じがすごく良く、それだけでも人気があるのだなと思わせる感じだった。

それからレンタカーを借りて霧島方面へ。
桜情報とか見ながら回ったのだが、どこも本数はあまり多くなく、イマイチっていう感じだ。霧島神宮や坂本竜馬が回ったと言う滝などを見て旅館に向かった。

今回は鹿児島と言うよりは、この旅館に泊まりたかったのだが、温泉は部屋から遠く、寒い日とか雨の日はしんどいだろうなーと言う感じだった。川べりにある露天風呂は雰囲気と言い泉質と言いよかったが、なんせほんとに川べりなので、周りから丸見えです(笑)。

料理はおいしく頂いたのですが、お部屋係の人が「ここの温泉は飲めるんですよ」と言っていたので、食後に入った温泉で飲んだのだが、脱衣所にある注意書きには「飲泉禁止」とでかでかと書いてます。どうも飲泉用のお湯は、部屋から温泉場へ行く途中にあるチョロチョロとお湯が出ているところみたいで、そんなことろくに説明もないので分かる分けなく、おかげで翌日はお腹が下って発熱する羽目になってしまった。
普通飲泉出来るのならコップが置いてあるのだが、それがなかったので何か変だなーと思ってはいたのですが・・・。

翌日はどこへ行こうかと思案していたのだが、前日見たテレビで、枕崎で戦艦大和の慰霊祭をやっていたとのニュースをやっていたので、行ってみることにした。

途中桜がたくさん咲いている公園があったのだけど、駐車場がいっぱいで車を止めることが出来なかったので断念。
でもこの辺はさすがに満開と言うより散り始めていて、葉っぱもちらほら見えかけていた。

枕崎の岬の小高い丘の上に慰霊碑があり、丘の上に登る道の脇には石燈が建っている。
その石燈に亡くなった方のお名前と年齢が刻まれているのだが、母親はそれを見ながら「若いのにかわいそうに」と呟いている。
当時の自分と同い年くらいの方々ばかり。

慰霊碑の碑文を見て目頭を押さえていたりしたのだが、色々と胸に去来するものがあるのだろうと思う。

目の前に広がる東シナ海はどこまでも穏やかで、あ~平和だなとしみじみ実感できる。
60数年前出来事など嘘か幻のような感じだが、こういう一般の人たちのことを忘れたりぞんざいにしてはいけないなと思う。

枕崎ではかつおラーメンを食べたりしたのだが、例の件ですっかり腹の調子が悪く熱も出てきて体調不良だったので、まったく食欲もなく、ほんとはかつおを始めとする海鮮料理を食べたかったのだが、それも出来ず早々に帰宅の途についた。

犬飼滝

犬飼滝
高さ36m、幅22mの豪快に水が流れ落ちる様が壮観な滝。かつて、和気清麻呂がこの滝で遊び、幕末の風雲児坂本龍馬も新婚旅行で、この滝を眺めたと言う。
©All rights reserved.


スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。