スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリへ

今回はBAを使い羽田から行ってきた。
理由は一番安かったから(笑)。
羽田から海外へ出るのは初めての経験です。

朝6時半という出発だったため、前日夜羽田空港のホテルで一泊し空港へ向かった。
羽田空港はさすがにきれいで快適。
これで普通の時間帯に発着出来るのであれば、地方在住人にはありがたい事この上ないのにと思う。

BAを利用したのは初めてだったが、予約した後ネット等で評判を調べてみると、荷物紛失率がやたら高いと悪評で、その後の対応も最悪との記事をやたら目にしたので少々不安だったが、幸いにも荷物も紛失することなく、とりたてて不満を感じる事もなく利用出来た。
まあ、日系のきめ細かさと比較すると不満も残るが、それを期待するのも酷な話か。

今回も母親が一緒と言う事でビジネスクラスにしたのだが、180℃フラットになる座席は快適なのはいいのだけれど、座席の並びが単純に横並びでなく対面式になっているのはちょっと???って感じだった。
知った者同士なら良いが、他人と顔を付き合わすって言うのはどうかと思う(飛行中はパーテがあるので、ほとんど顔を合わせる事はないが)。

また座席の指定が、出発の24時間前までは有料でないと出来ないと言うのもめんどい話だ。
しかも客室乗務員に日本人はいないどころか、日本語を話す者もいない。
そう言う訳で、機内放送でも一切日本語はナシ!
安全管理上これもどうかと思うが、まぁ安いんだから仕方ないか。

ロンドンで乗り換えてパリに向かったのだが、ターミナル5も初めて!
ここも新しくきれいで、快適だった。

パリには定刻に着き、空港からホテルまではタクシーを使った。
空港から市内まで入るのに、どこの地でもタクシーを使った事はなく、今まですべて公共交通機関だったのだが、今回は母親を連れていたのと、泊まったホテルがそこそこのクラスのところだったので、タクシーにした。

僕はフランス語はからっきしダメで、事前に調べておいた
「この住所のところへ行って下さい」と言う文句と一緒に住所を書いた紙を差し出しただけ。
それでぴったりと玄関前まで着けてくれた。

値段も事前に調べていたものより安く、エールフランスのバスに2人で乗った金額にプラスαの金額だったから、使って大正解だった。

ホテルに着いてチェックインすると、部屋が無料アップグレードされていた。
日本語放送は映るし、Wi-Fiがただで使える等快適そのもの。

夕方6時頃だったので、ちょっと散歩がてらシャンゼリゼ通りを歩いて、凱旋門まで行って来た。
凱旋門へ登ろうかと思ったのだが、結構疲れていたし、なんせ長い階段を歩いて登らねばならず、母親には負担が大きいと思って外から眺めるだけにした。

ちょうど夕食時だったのだが、ラウンジで食べたり機内食を食べたりで、お腹が減っておらず何も摂らずにホテルまで帰った。
結局ルームサービスでサンドイッチを食べただけで寝る事にした。

翌日は朝早く起きて、モンサンミッシェルに向かう予定にしていたのだ。

凱旋門

凱旋門
©All rights reserved.
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。