スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計

僕はこの歳になるまで時計にまったく興味がなかった。



男性の場合女性と違い、身に着けるものといったら時計ぐらいしかないのだけど(最近は色々ジャラジャラと着けるようになったが)、そこに価値を見出すことはまったくなかった。



僕ら世代の場合、多くは高校入学と同時に腕時計をプレゼントされたのだけど、うちの親は何故だかそれをしなかった。僕も「時計買ってよ」くらいの一言は言ったかもしれないが、たぶん「今買わなくていい」の一言で片付けられ、僕も別にどうでもいいやと思っていたのだと思う。



僕が高校へ入学した頃はクオーツデジタル全盛期で、友人はみなカッコイイ(僕にはそうは見えなかったが)腕時計を見せあいこしていた。

高校入学後いつ頃だったかは忘れたが、地元のスーパーの前に出店が出ていて、そこで当時1,000円か2,000円くらいの時計を売っていた。

クオーツではなく手巻きのアナログ式で、ケース径も小さい時計だった。



もちろんそんなところで売られている時計だからメーカーも(そもそもメーカーなんて呼べないだろう)訳のわからないものだったのだが、何より安かったのと、「SWISS」という表示が入っていたので買って使っていた。

手巻きだから毎日巻かなければならなかったし友人からは秒針の音がうるさいと言われたが、僕は結構気に入っていて、必要な時に使っていた。

「SWISS」は眉唾物だったが、今とは違い中国製が幅を利かせていた時代ではないから、ニセ「SWISS」でも日本製くらいではなかったのかと思う。



大学に入った時に親戚のおじさんがセイコーのアナログとデジタルの併用式のダイバーウォッチを買ってくれて、しばらくはそれを使っていた。社会人になってもしばらく使っていたのだが、でかくて重いので例の「SWISS」製を引っ張り出しては使っていた。



最初の就職先では営業として入ったため時計は使っていたが、転職して企画職になったとたんに時計をするのをやめてしまった。

最初の頃は左腕を気にしていたが、なくなると逆に時間配分がうまくやり繰り出来るようになった。

たぶん体感的にこれをするにはこれくらい掛かるとか、移動時間はこれくらいだとかが把握出来るようになったのだと思う。

それに日常生活では時計のあるポイントを覚えてしまい、時間の確認にもまったく不便を感じなかった。

よく「○○さん時計持ってないの」と聞かれたけど、「腹時計です」と言うのが決まり文句になっていた。



その後スウォッチやタイメックス等のトイ時計を短期間はめた事はあるが、携帯電話が登場してからはほとんどそれを使うようになった。

なので、いまだに腕時計はしていない。

シャツの袖口やズボンのポケット口は傷むし、重いし、海外へ行くときなど何かと狙われそうだしと、デメリットに感じることの方が多いのだ。



今年の始め頃、あるクイズ番組で時計にまつわる歴史秘話を特集していて、それは時計の物語と言うより歴史上の人物に絡む時計の話なのだが、そのことがきっかけでちょっと時計に関して調べる気になった。

それまでまったく興味がなかったから、時計と言えば日本の2大メーカーとロレックスとオメガくらいしか知らなかったのだけど(それも名前だけ)、色々とググッていくと何やら興味深い魅力が感じられてきた。


そうこうしている内に、またテレビで特集番組が放送され、それは「神の手」を持つと言われる時計修理の職人の番組だったのだけど、それを見て益々時計に興味がそそられるようになった。日本一古いと言われる時計屋さんを経営しているその修理職人は、なんと我が市にいらっしゃり、メーカーが手をあげた物も見事に蘇らせると言う。その評判を聞きつけ、国内はもとより、遠く海外からも依頼が舞い込んでくると言う。

まさか我が町にそんな巧みがいようとは思わなかった。


そんなこんなでカメラと同じで、最新式のタイプにはまったく興味は湧かないのだけど、アンティークの時計にはかなりそそられるようになって来た。

それでもやはりゴツゴツした仰々しいタイプは苦手で、シンプルで控えめなタイプが美しいと思う。

しかしこの世界も闇が深そうで、嵌るととんでもないことになりそうだ(苦笑)。



ライカと同じで誕生年の時計とか物語があっていいなぁ~、と思っていたりするのだが、これがどうして、とんでもなく高い値段が付いていたりするから驚くばかりだ。



僕が小学校4年の時に死んだ祖父の形見として、懐中時計をもらった。

それは祖父が生前から僕がもらうと約束していたもので、子供が見てもその辺の腕時計なんかより百倍カッコよかったのだ。

僕が普通の時計に興味を示さなかったのは、その時のインパクトが強すぎたのかもしれない。

それは一流メーカーとは言えないが、当時の舶来品で、今見てもやはり気品がある。

しかしもらってこの方一度もメンテに出していないものだから、ねじも切れてしまっている。

今度是非その修理名人の所へ、この時計を持って訪ねて行ってみたいと思っている。

ウォルサム

形見の懐中時計
All rights reserved.
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。