スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Albert

今回のLiverpool行きでは生Redsは見ることが出来なかったが、スタジアムツアーと同様Anfieldへ行くのを楽しみにしていた事がある。
Anfieldの隣にあるパブThe Albertを訪れる事だ。

スタジアムツアーが11:00からだったので、10:00頃Anfieldへ行ったのだけど、なんだか様子が変なのだ。イギリスのパブは11:00から開店なので閉まっていて当然なのだが、閉まっていると言うより、店をたたんでしまったと言う感じ、つまり潰れてしまった感じなのだ。
ふっと上に目をやると、壁から突き出て掛かっているはずの看板がなくなっている。
本当に潰れてしまったのかと思うと、なんとも残念で一気に気持ちが落ち込んでしまった。

どこかに移転でもしたのかと思い、スタジアムショップのスタッフに聞いてみたりしたのだが、怪訝な顔をして知らないという。試合の日は山手線の通勤ラッシュ並みのお客だが、試合がない日は閑古鳥の大合唱だから仕方ないのかな・・・、などと勝手に想像を膨らまし、取り敢えずスタジアムツアーに参加して、改めてパブの前を通ってみると、あれ?電気が点いているではないか?
ドアを開けて店内に入ると、そこにはいつもの顔が並んでいた!

僕の顔を見ると、みんながニコニコして歓待してくれた。覚えていてくれたのだ。
前回同様今回もプリントを焼いて持参してあげたら大喜びで、ひとしきりその話題で盛り上がった。
こうやって喜んでもらえると、写真をやっていて本当に良かったと思う。
言葉は拙いが、最高のコミュニケーションツールだと思うことしきりである。

看板がなくなっていたから潰れたのかと思ったと聞いたら、落ちそうになっていたから外したんだと言っていた。
本当に良かった。ここがなくなると、リヴァプールでの楽しみや居心地の良さが一つ消えてしまうことになる。

次回訪問時にも写真を持ってまた訪れたいと思う。
Rod in The Albert
いつも人なつっこい笑顔を振りまいてくれるRod。
©All rights reserved.
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。