スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本のレンズ

年末年始の旅行には、僕としては珍しくレンズを2本持って行った。
カメラはいつものM6それにルックスの35mmと50mmのセットだ。

去年の夏、ある写真家の方にリヴァプールで撮った写真を見て頂いたところ、35mmばかりの画角だと見ていて疲れてくるところがある、ポイントを持たせる上でも画角のバリエーションがあった方がよい、とのアドバイスを頂いた。
そのお言葉になるほどと思ったのと、かねてから探していたルックス50mmの70cmまで寄れるタイプが手に入ったので、今回持って行くことを決めた。

なるべく意識して付け替えるようにし、僕としては珍しく使い分けることが出来た。
どうしても手が伸びるのは35mmなのだが、なるべく50mmを選択するように心がけた。
しかし35mmだと思い切って寄っていくのだが、50mmだとその画角に甘えてちょっと遠目から撮ってしまって、なんだか中途半端な絵になってしまうことが多かった。

まあ2本のレンズを持って行って使い分けた事自体が、取り敢えず進歩かな。
確かに荷物になって、僕の信条である旅での身軽さは損なわれるが、それぞれのレンズの特性が活かせるよう、これからも持って行こうと思う。
コンコルド広場
Paris コンコルド広場
©All rights reserved.
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。