スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良日帰り旅行

日曜に日帰りで奈良に行ってきた。
飛鳥資料館でキトラ古墳の四神特別公開と、唐招提寺で鑑真和上像の特別公開をやっていたので見に行ってきたのだ。
キトラ古墳は午前中訪れたのだが、2年前十二支を見たときのような混雑ぶりではなく、15分程度で会場内に入る事ができた。青龍はほとんど原型を留めていなかったが、その他のものは線もわりときれいに残っており、間近で見ることが出来た。
僕が出る頃には、列もかなり伸びていたから、その後は混雑したのかもしれない。

鑑真和上像は1年のうちで6月5日~7日(6日が鑑真和上の命日)の3日間だけしか公開されておらず、僕も前回拝観したのは大学生の頃だから、かれこれ30年近く前のことだ。
こちらも結構な人出で、東山魁夷画の障壁画と共に見ることが出来るのだが、昔はもっとはっきりと見れた気がするのは、気のせいだろうか?
その表情といい佇まいといい、「スゴイ」と強烈に思った記憶がある。
今回は照明も暗く、奥まったところに安置されていたので、あまりはっきりと見られなかった。

その後紫陽花で有名な矢田寺というところへ行った。
ここは約200段もの石段を登っていくプチ山寺で、たくさんの紫陽花が咲いているお寺だ。
残念ながら昨日はまだ、全体からすると4分咲きくらいという状況だったが、静かで雰囲気のいいところだった。紫陽花が咲き乱れると、雨の日とかとてもいい雰囲気になるのではないだろうか。

ライカ仲間ののんさんが、市内のカフェでイベントをされているという事だったので、都合がついたら是非寄ってみようと思っていたのだが、残念ながら時間切れとなってしまった。
またの機会にぜひ!
矢田寺の紫陽花
矢田寺の紫陽花
©All rights reserved.
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。