スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月31日?

阪神タイガースの来年度のカレンダーに、11月31日と印刷されていたと新聞に載っていた。
ご存知の通り11月は30日まで、31日は存在しない。明らかな誤植、校正ミスだ。

記事自体は一種のこぼれ話的なトピック記事として伝えていて、読んだ人もどちらかと言うと微笑ましいというか、笑い話的な感じで受け止めていたのではないだろうか。

ところが実際に同じ職種に携わるものとして言わせてもらえば、現場は蜂の巣をつついたように大変だったろうなと容易に想像がつく。
印刷に携わる物にとって、カレンダーの玉を間違えると言うことは、何があっても決してあってはならない事なのだ。こればっかりは得意先の原稿に不備があっても言い訳が出来ない。
それくらい印刷会社で責任を持たねばならぬ部分なのだ。

いや、ほんと当事者の方々は大変だったと思いますよ。

この記事を読んだ方は「バカだな~、あはは」くらいにしか思っていないだろうが、実は大変な事だったのですよ。
責任ある印刷会社は、事故(ようするに印刷ミス)撲滅のために相当な労力をつぎ込んでいる。
しかしいくら注意をしても、人がやる事ゆえ、どうしても起こってしまうものなのだ。

そんな時は、今回の記事を読んだ時みたいに、軽く笑って許してくれれば良いと思うのだが、ほとんどの場合そうはいかない。
まっ、プロの仕事としては当たり前の事だが・・・。

高野山 もみじ
高野山
©All rights reserved.
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。