スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北丹後~京都~有馬~神戸

昨年末の30日に出発し、年始の2日に戻ってくる予定で旅行に出た。

出発前から雪が心配されていた。しかし初日は中国山地越えの時に吹雪いていた以外は、北丹後の間人も穏やかな天気で、到着後散歩を楽しんだくらいだ。
ここには一年おきに来ているのだが、今回もおいしいカニ料理を堪能できた。

翌日起きると辺り一面銀世界で、30cmくらい積もっていた。

バスで京都市内までの移動を予定していたのだが(JRと時間変わらないし、乗り換えがなくて楽、おまけに安い!)、果たしてまともに走るのかと、不安になって来た。

一応定刻通り発車したものの、だんだん渋滞に巻き込まれ遅れて来た。挙げ句の果てに高速のインター入り口付近で完全に停まってしまい、何と京都に着いたのは予定時刻の14時30分を大幅に遅れる18時30分頃となってしまった。

それから急いでその日の宿泊場所である俵屋に移動した。
1年前に予約を入れ、運良く大晦日の宿泊がとれたのだ。ほとんど奇跡に近い事みたいだ。

今年は古都京都での年越しとなった。
残念ながら窓を閉めていたので、除夜の鐘は聞こえて来なかったが、庭には雪も残っており、いい風情を醸し出してくれていた。
やはりサービスも料理も雰囲気も超一流で、出発までの間のんびりと過ごさせてもらった。

元旦の日は西本願寺に初詣をし、新大阪に移動。そこからバスで有馬温泉に向かった。

有馬は初めてだったが、中々いい温泉地だった。
泊まった旅館は古くてこじんまりとした旅館だったが、元湯から引かれた温泉は気持ちよく、とてもいい湯だった。

翌日は神戸に出て、異人館巡りをし、中華街でランチを食べて帰って来た。
異人館は小学生の時に少し見た記憶があるが、今回改めてじっくり見て回った。
なかなか雰囲気があって良かった。

今回は観光らしい観光は神戸でしただけで、後は温泉につかり旨い物を食べると言う、のんびりした旅の予定だったが、雪で移動時間がかかったため、ちょっと慌ただしい旅になってしまた。
まあ、山陰の大渋滞のように、1日車で足止めという事態にならなかっただけでも良しとすべきかもしれない(苦笑)。

神戸異人館

神戸 異人館
©All rights reserved.

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。