スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマロ

朝早起きをして、朝焼けのモンサンミッシェルを見た。
周りの干潟の風景も美しく、さすがにこの時間の場内は人が少ない。
ただし、目の前の駐車場で泊まり込んでいる人とかもかなり多いのと、清掃車などが入って来るので、静寂感に包まれると言うことはない。

それでも朝の清々しさと相まって、とても爽やかな気分になれる。
しばらくその雰囲気を味わった後、ホテルで朝食を摂り、9時過ぎのバスに乗って次の目的地サンマロへ向かった。

バスに乗ったのは韓国人の女の子2人組と日本人母娘と我々親子の3組のみ。
後の待っている人たちは、みんなレンヌ行きのバスを待っているみたいだ。

20分くらい乗って、ポントルソンの駅に着いた。
ここでバスを乗り換え、1時間ちょっと揺られてサンマロに行く。
日本人の母娘はポポントルソンの駅から国鉄に乗ってどこかへ行くようで、バスには乗ってこなかった。
アジア系は韓国人の2人組と我々だけ。
観光地行きのバスと言うよりは、ローカルバスの趣が強く、途中での乗り降りも頻繁にあるし、顔見知りが結構いるような雰囲気だった。

海岸線が見えてきてバスはサンマロの旧市街に到着。
城壁が街をぐるっと囲んでおり、中世のテーマパークに来たような雰囲気だ。

まずは観光案内所へ行って地図を入手。
ここで手荷物預かり所はないか訊ねると、市内には何処もないとの事。
ヨーロッパの観光地はほとんどこの手のものありませんね。
テロなども一つの要因だろうけど、旅行者にはつらいね。
簡単な荷物で来たとは言え、手荷物もって散策するのは写真を撮るにも鬱陶しい。

この街はナチスの攻撃で瓦礫と化したらしいが、元の破片を積み重ね街を復元したらしい!
何とも気の遠くなる話だが、その努力と根気はすばらしい。

城壁を散策した後、イギリス風のパブに入ってトイレタイム。
久しぶりにギネスを飲む。
前回の渡英時も全くパブに入れなかったし、今回も最後イギリスに寄ったときも入らなかったので、ここで飲んだだけ。
あ~、イギリスのビターが飲みたい!

その後また散策し、昼食を食べる事に。
海産のお店が多く、テラスで食べている人はみんなおいしそうな海鮮料理を食べている。
我々が通されたテーブルの隣にフランス人のカップルがいて、おいしそうなエビの料理を食べていた。
メニューを見せて料理を教えてもらい、それを頼む事に。
それとムール貝のワイン蒸しを頼んだ。

昔ベルギーでも食べたことがあるが、こちらでも名物らしく多くの人がおいしそうに食べている。
ボールに一杯くらいの貝が出て来て、それをつるつると食べるのだけど、カッパエビセン並みにパクパクと食べる事が出来る。
貝好きな僕にはうれしいメニューだ!塩ゆでしたエビもプリプリとおいしく、大満足な昼食だった。

サンマロは観光地と言うよりリゾート地で、潮が引いて出来た干潟は海水浴客で一杯で、我々が着いた時は遥か沖合にあった要塞も、潮が引けば歩いて渡れるようになっていた。

観光客はたくさんいたが、不思議と日本人とは会わなかった。
中国人は少し見かけたが、それでも西洋系の観光客がそのほとんどを占めており、街の雰囲気とも相まってヨーロッパに来たなと感じさせてくれる街だった。

要塞にも行きたかったのだが、時間があまり残っていなかったので、その後は大道芸などを見ながら、バスに乗ってTGVの駅まで行きパリに向けて帰った。
今度は走る事なく無事乗れた。

パリでは初日に泊まったホテルにもどり、その日は遅かったので、ホテルのカジュアルレストランで食事を摂った。正式なレストランの方は恐ろしく高いのだが、こちらはリーズナブルでよかった。

部屋は初日とは違う部屋だったが、それでも奇麗でいい部屋だった。

サンマロ 城壁

サンマロ 要塞
©All rights reserved.


モンサンミッシェル再訪

8月15日は朝早くから起きてモンサンミッシェルへ向かった。

僕は1年半前の冬に行ったばかりなのだが、もう一度行って写真撮りたいなぁ~と思ったのと、母親にも是非見せたかったので再訪する事にした。

1泊して再びパリへ戻って同じホテルに宿泊する事にしていたため、スーツケースは預かってもらって、最小限の手荷物で出かける事にした。

モンパルナスまでは地下鉄で1本だったので地下鉄で行き、朝を食べていなかったので駅の売店でパンを買う事にした。
表示を見ると、Vittelとセットになったサンドイッチが安く売っていたのでそれを注文すると、サンドがまだ来てないんだけど、後5分したら来ると言っていたので待つ事にした。
これが悲劇の始まりだった。

出発までは15分以上あったので、余裕だろうと思っていたのだ。
しかし5分経っても来ない。
さすがに出発5分前になったので、これはヤバいと思い普通のパンを買ったのだが、レジのお金の入れ替えとかやって手間取っている。

ホームに向かったときはほぼ出発時間で、駅員にこの列車でいいのかと聞くと、何やら出発時間だから急げみたいな事を言っている。
とりあえず車両に乗り込もうと思いドアのボタンを押すが、うんともすんとも言わない。
と言うか、車両の電気が消えている。
すると遥か遠く、20~30mくらい先で、別の駅員がワーワーとわめいている。
で、僕たちがたずねた駅員も手前でワーワーとわめいている。

僕一人ならばダッシュで駆け込んで行けるのだが、母親がいるとそうは行かない。
とは言えチンタラチンタラ歩いていて出発されても困るので、かなりの早足で歩き、開かないと分かっていて途中で止まってはボタンを押すというふうにして駅員がいる所まで行ったのだが、それでも母親は猛ダッシュ状態になっていて、なおかつ追いつけない状態。

駅員が何か言っているが、こちとらフランス語はさっぱり分からないのでチンプンカンプン。
何で扉が開かないんだと言っても、向こうもあまり分かっていない。

やっとの思いで乗り込んだのはいいが、母親は窒息死寸前の状態で、ヒーヒー言っている。
ラッキーな事に乗り込んだ車両が座席の所だったので、すぐに座らせることが出来、水を飲ませながら呼吸を整えさせた。

しばらくしたら落ち着いたが、一瞬どうしようかと思ったくらい。
後で分かった事だが、後ろの車両は途中のどこかで切り離して使う別の電車。
何でそんな紛らわしいものくっ付けて走るのよ!

その後検札に来た乗務員が、母親に大丈夫かとたずねて心配してくれていた。
とにかくその後ひと寝入りしたりして持ち直したので、やれやれだった。

前回はレンヌでバスに乗り換えて行ったのだが、同じではつまらないので、今回はドルまで行きそこからバスに乗り換えて行った。

冬のときも観光客は多いと思っていたが、夏はそれどころの騒ぎではなく、島の遥か手前から大渋滞となっていた。

前回行ったときは対岸のホテルに泊まったのだが、今回は島内のホテルを取った。
夜、観光客がいなくなって静かな島内を歩いてみたいと思ったから。

とりあえずホテルに行き荷物を預かってもらい、定番のオムレツを食べに行った。
僕は前回食べて、たいしたことはないのは分かっていたが、まあ定番と言う事で・・・(苦笑)。

しかし島内は人がうじょうじょ!初詣状態になっている。
いや~、冬の比ではないですね。

島内観光後ホテルにチェックインし、横になったら寝てしまっていて、起きたら9時くらい。
せっかくなのでライトアップを見に行こうと、疲れたと言っていた母親を半ば無理矢理連れ出した。

間近で見るライトアップされたモンサンミッシェルはそれは奇麗で、いやいやついて来た母親も感嘆の声を上げていた。
夜は人が少ないだろうと思っていた島内も、実は夏の間は11時頃まで施設内に入れるため、昼間ほどではないが、冬場の昼と変わらないくらいの人出があった。

夜の堂内も素敵だろうと思い、もう一度入ろうかと思ったのだが、閉館時間が迫っていたのと、疲労のため今回は断念した。
まあ、これで次回もう一度来る理由が出来たかな(笑)。

モンサンミッシェル、オムレツ

モンサンミッシェルの名物、オムレツを焼く奇麗なお姉さん。
©All rights reserved.


パリへ

今回はBAを使い羽田から行ってきた。
理由は一番安かったから(笑)。
羽田から海外へ出るのは初めての経験です。

朝6時半という出発だったため、前日夜羽田空港のホテルで一泊し空港へ向かった。
羽田空港はさすがにきれいで快適。
これで普通の時間帯に発着出来るのであれば、地方在住人にはありがたい事この上ないのにと思う。

BAを利用したのは初めてだったが、予約した後ネット等で評判を調べてみると、荷物紛失率がやたら高いと悪評で、その後の対応も最悪との記事をやたら目にしたので少々不安だったが、幸いにも荷物も紛失することなく、とりたてて不満を感じる事もなく利用出来た。
まあ、日系のきめ細かさと比較すると不満も残るが、それを期待するのも酷な話か。

今回も母親が一緒と言う事でビジネスクラスにしたのだが、180℃フラットになる座席は快適なのはいいのだけれど、座席の並びが単純に横並びでなく対面式になっているのはちょっと???って感じだった。
知った者同士なら良いが、他人と顔を付き合わすって言うのはどうかと思う(飛行中はパーテがあるので、ほとんど顔を合わせる事はないが)。

また座席の指定が、出発の24時間前までは有料でないと出来ないと言うのもめんどい話だ。
しかも客室乗務員に日本人はいないどころか、日本語を話す者もいない。
そう言う訳で、機内放送でも一切日本語はナシ!
安全管理上これもどうかと思うが、まぁ安いんだから仕方ないか。

ロンドンで乗り換えてパリに向かったのだが、ターミナル5も初めて!
ここも新しくきれいで、快適だった。

パリには定刻に着き、空港からホテルまではタクシーを使った。
空港から市内まで入るのに、どこの地でもタクシーを使った事はなく、今まですべて公共交通機関だったのだが、今回は母親を連れていたのと、泊まったホテルがそこそこのクラスのところだったので、タクシーにした。

僕はフランス語はからっきしダメで、事前に調べておいた
「この住所のところへ行って下さい」と言う文句と一緒に住所を書いた紙を差し出しただけ。
それでぴったりと玄関前まで着けてくれた。

値段も事前に調べていたものより安く、エールフランスのバスに2人で乗った金額にプラスαの金額だったから、使って大正解だった。

ホテルに着いてチェックインすると、部屋が無料アップグレードされていた。
日本語放送は映るし、Wi-Fiがただで使える等快適そのもの。

夕方6時頃だったので、ちょっと散歩がてらシャンゼリゼ通りを歩いて、凱旋門まで行って来た。
凱旋門へ登ろうかと思ったのだが、結構疲れていたし、なんせ長い階段を歩いて登らねばならず、母親には負担が大きいと思って外から眺めるだけにした。

ちょうど夕食時だったのだが、ラウンジで食べたり機内食を食べたりで、お腹が減っておらず何も摂らずにホテルまで帰った。
結局ルームサービスでサンドイッチを食べただけで寝る事にした。

翌日は朝早く起きて、モンサンミッシェルに向かう予定にしていたのだ。

凱旋門

凱旋門
©All rights reserved.

お久しぶりです

1ヶ月以上の放置状態で、とうとう8月は1度も更新しませんでした。

Twitterでつぶやくようになってから、更新意欲がぐぐっと萎えてしまい、デジカメで撮った写真すらアップするのが億劫になる始末です。

実は8月の14日~21日にかけて、フランス~イギリスと旅行してきました。
記録の意味でその時の事を掲載して行こうと思います。

昨年のイギリスに続き、母親を連れての旅となりました。
昨年は旅の途中でダウンしてしまったのですが、今回は無事最後まで旅行が出来ました。

夏のフランスは僕も14年ぶりで、好天にも恵まれた結果、いい旅が出来ました。

写真とともに追って掲載して行きます。

ベルサイユ天井

Versailles
©All rights reserved.

長崎ー黒川温泉ー熊本

先週の連休を利用し、久しぶりに九州へ旅行してきた。

11日は長崎へ。ちょうどランタンフェスティバルが開催されており、街中は中国情緒あふれる雰囲気。
いくつものオブジェや堤燈があり、とても幻想的できれいだった。
夜は富貴楼というところで卓袱料理を食べた。前回行った花月に行きたかったのだが、生憎婚礼が入っているとの事でだめだった。

翌日は亀山社中に行ったが、すごい人で40分ほど待たされた。まだまだ龍馬ブーム健在と言ったところか。
それから市内のお寺を見て周り、黒川温泉へ向かった。

途中武雄で高速を降り、井手ちゃんぽんでちゃんぽん麺を食べた。
この日は朝から雪が降っていて、日田ICで通行止めになっていた。
ちょうどこのICで降りる予定だったのでラッキーだった。
そこから先も吹雪いていて、黒川温泉辺りは一面の銀世界だった。
レンタカーはスタッドレスを借りていたので、なんとか無事宿に到着。
温泉に入ってのんびりとした。

翌日もあちこちで高速が通行止めという事で、阿蘇を通って熊本市内へ出た。
ここは父親が亡くなる前5ヶ月ほど入院していたところで、6年ぶりくらいに訪れた。
お目当ては天和というところのラーメン。病院のすぐそばにある熊本ラーメンのお店で、めちゃうまなのだ。父親が亡くなって、2回ほど熊本市内を訪れたのだが、その度に閉まっていて食べれなかった。今回11年ぶりと言うことになった。

熊本市内も色々と変わっていて、改めて年月の流れを感じさせられた。

とにもかくにも、色々と楽しめた良い旅だった。

長崎 虎 ランタン

虎のランタン
©All rights reserved.

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。